【インヒューマンズ】ゴーゴンの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【インヒューマンズ】ゴーゴンの強さ・能力について解説!【マーベル原作】インヒューマンズ

地震を発生させる能力を持つヒーロー、ゴーゴン!

彼はブラックボルトのボディーガードだ!

ゴーゴンの誕生・能力・活躍

ゴーゴンの誕生・能力・活躍

ゴーゴンの基本情報

本名:ゴーゴン

出身:アティラン

身長:200cm

体重:220kg

ライバル:マクシマス・ザ・マッド、クリー、シーアー帝国

初登場:1965年「Fantastic Four」♯44

イカ
イカ

地震を発生させる能力者だなんて強キャラの予感。

ハカセ
ハカセ

彼はインヒューマンズの軍隊においてリーダーも務めるほどの人物なのじゃ。

ゴーゴンが登場する映像作品

・ドラマ「インヒューマンズ」2017年
※「Disney+」でのみ見放題。

ゴーゴンの誕生

ゴーゴンの誕生

アティランの建築家である父コラスと、司書の母ミレナの間に誕生したインヒューマンがゴーゴンである。

ゴーゴンは王族の血をひいており、叔父アゴンはかつてインヒューマンズの王だった。

彼がテリジェン・ミストを浴びて手に入れた能力は、足を踏み鳴らすだけで地震のような衝撃派を発生させられるというものだった。

国と王への忠義に厚いゴーゴンはアティランの軍に入ると頭角を現し、リーダーとしての素質を開花させた。

ゴーゴンは新たな王となったブラックボルトのボディーガードを務めながら、若いインヒューマンの訓練も担当している。

\AmazonGWセール開催中/

ゴーゴンの能力

ゴーゴンの能力

地震

テリジェン・ミストを浴びたゴーゴンの足は大きな蹄の形に発達し、足を踏み鳴らすことで地震に似た衝撃波を発生させることができるようになった。

ゴーゴンは効率よく地面を振動させるため、膝から足全体を覆う金属製の鎧を装備している。

最大でマグニチュード7.5までの衝撃派を発生させることができ、その衝撃派で敵を破壊する。

最新の姿ではテリジェン・ミストを再度浴びたことで、ゴーゴンの下半身は馬のような馬脚となり、獣に近い見た目となっている。

インヒューマン共通能力

インヒューマンズは、クリー人によって人間とセレスティアルズの遺伝子が掛け合わされて誕生した種族である。

そのためインヒューマンズは人間よりも肉体的・精神的に優れた、超人的ともいえるパワーを持つ。

\AmazonGWセール開催中/

ゴーゴンの活躍

ゴーゴンの活躍

王への忠誠

ブラックボルトが新たな王に就任して間もなく、嫉妬深い弟のマクシマスが陰謀を働かせてアティランの王位を奪う事件が発生した。

ブラックボルトは追放され、王妃であるメデューサも行方不明となったが、それでもゴーゴンは誰が王になろうと忠義を尽くすことを決めていた。

ゴーゴンはマクシマスから、メデューサを探し連れ帰るよう指令を受けた。

外界でメデューサを発見したゴーゴンは、アティランに戻るよう説得したが、それが却下されると逃げる彼女を追跡した。

メデューサは当時敵対関係にあったファンタスティック・フォー(FF)に助けを求めると、彼らの間で激しい戦闘が繰り広げられた。

その後ゴーゴンを退けたFFが彼から事情を聞くと、マクシマスブラックボルトとその家臣を追放し、王位に就いたことを知らされる。

ゴーゴンはその後ブラックボルトを含む追放されたインヒューマンたちと再会したことで、やはり自分が付き慕うべきはブラックボルトであると考えを改めた。

彼らは力を合わせてマクシマスを王位から引きずり下ろすことに成功した。

VSマンダリン

特殊なパワーを持つ10個の指輪を駆使して戦う凶悪なヴィラン、マンダリンは、インヒューマンズの隠れ里近くにある「アイ・オブ・イン」という遺物を持ちだそうとしていた。

それに気づいたゴーゴンを含むインヒューマンズは、果敢に立ち向かうとマンダリンを撃退することに成功したのだった。

ゴーゴンのミス

ある時ゴーゴンとカルナクは牢獄につながれたマクシマスの口車に乗せられてしまい、彼を解放してしまった。

するとマクシマスは再び反乱を起こしてブラックボルトを国外へ追放すると王位に就いた。

自分たちのミスではく奪されたブラックボルトの地位を取り戻そうと行動を起こすゴーゴンとカルナクだったが、実はマクシマスの背後には別の黒幕がおり、その人物は強力なミュータント能力者のマグニートーだった。

マグニートーとの戦闘の末に捕らえられてしまったゴーゴンとカルナクだったが、彼らを助けたのはブラックボルトだった。

二人は改めてブラックボルトに忠誠を誓い、力を合わせると王位を取り戻すことに成功したのだった。

\Amazon初夏セール開催中/

ゴーゴンの強さ

ゴーゴンの強さ

パワー:B⁺

耐久性:B

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ゴーゴンの強さは・・・

B なのじゃ!

イカ
イカ

インヒューマンズって同じセレスティアルズの起源を持つエターナルズの下位互換だよね。

ハカセ
ハカセ

それは気づいても言わないお約束なのじゃ。

\Amazon初夏セール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました