【新ドラマに登場】シーハルクの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【アベンジャーズ】シーハルクの強さ・能力について解説!【原作】アベンジャーズ

女性版ハルク!

シーハルクが誕生した経緯とは?

シーハルクの誕生・能力・活躍

シーハルク基本情報

本名:ジェニファー・ウォルターズ

出身:カリフォルニア州ロサンゼルス

身長:178cm(シーハルク時204cm)

体重:68kg(シーハルク時317kg)

ライバル:タイタニア、マリー・ブロック

初登場:1980年「SAVAGE SHE-HULK」♯1

イカ
イカ

女性版ハルク?!

その発想は無かった!

ハカセ
ハカセ

シーハルクはハルク化してもとても魅力的なのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シーハルクの誕生

シーハルクの誕生

小さな町の保安官を父に持つジェニファーは、父親の影響で幼少期から正義の道を志すようになった。

彼女は弁護士になることを決意すると学業に励み、ハーバード大学を首席で卒業した。

弁護士となったジェニファーは、ある時ニック・トラスクというギャングに関する事件を調査していた。

それを目障りに感じたトラクスは、手下にジェニファーの暗殺命令を出して実行させた。

拳銃で撃たれ瀕死となったジェニファーを救ったのは、彼女のいとこであるブルース・バナー(ハルク)だった。

彼はジェニファーに対して自分の血液を輸血した。

おかげでジェニファーは一命を取り止めたが、その血液はガンマ線に汚染されていたため彼女の身体にも多大な影響を与えることになる。

ジェニファーが死亡していないことを知ったトラクスは、再び手下を送り込んで彼女にトドメをさそうとした。

反撃に出たジェニファーは、獰猛なシーハルクに変身してトラクスの手下を撃退したのだった。

当初は変身後の自分をコントロールすることができなかったジェニファーだったが、吸血鬼のモービウスが作った血清によって現在は制御することができている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

シーハルクの能力

シーハルクの能力

超人的なパワー

ハルクの血液を得たジェニファーはシーハルクに変身することで、超人的なパワーを発揮することができる。

そのパワーは車を軽々と持ち上げ、重力級ヒーローであるシングをパンチで吹っ飛ばすことができるほど。

超人的な耐久力

シーハルクは物理的なダメージに高い耐性を持ち、高温や低温などの温度変化にも耐えることができる。

また身体にダメージを受けてもすぐに回復することができる。

第4の壁の突破

シーハルクは自分がコミックの中の登場人物であることを理解しており、現実世界を覗いて作者や読者に語り掛けてくることがある。

第四の壁を突破している他のヒーローにはデッドプールが存在している。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シーハルクの活躍

シーハルクの活躍

アベンジャーズとFFへの参加

シーハルクはその後ニューヨークに向かうとアベンジャーズの一員となって活躍した。

その時にビヨンダーズに拉致されシークレット・ウォーという戦いを経験しており、そこで宿敵となるタイタニアに出会っている。

地球に戻ったシーハルクは、帰還しなかったシングの代わりにファンタスティック・フォーの一員として迎えられた。

ファンタスティック・フォーのコスチュームを身に着けることに栄誉を感じたシーハルクだったが、当初はなかなか彼女本来の力を発揮することができず、自信を失う場面も多かった。

それでもアナイアラスやブラスター、サイコマンやターミナス、ヘイトモンガーなど様々なヴィランの脅威から宇宙の平和を守った。

またその間にシーハルクは最愛の男性となるワイアット・ウィングフットとも出会っている。

シングがファンタスティック・フォーに帰還した後、シーハルクはチームを離れてアベンジャーズに復帰している。

その後は本業である弁護士業に力を入れており、超人登録法に対して反対の立場を取ると仲間と共に活動した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シーハルクの強さ

シーハルクの強さ

パワー:S

耐久力:A⁺

スピード:B

知能:B

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、シーハルクの強さは・・・

B⁺ じゃ!!!

ハルクのパワーはあまりにも強力なのじゃ。

イカ
イカ

シーハルクは今後ディズニープラスでドラマ化の予定があるんだよね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました