【MCU】クイック・シルバー(ピエトロ)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】

【MCU】クイック・シルバー(ピエトロ)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】まとめ

高速で移動する超能力を持つヒーロー、ピエトロ

クイックシルバーは二人いる?????

【MCU】クイック・シルバー(ピエトロ)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】

ピエトロ・マキシモフ/クイック・シルバー(映画)の基本情報

ピエトロ・マキシモフ/クイック・シルバー(映画)の基本情報

本名:ピエトロ・マキシモフ

地位:強化人間

立場:ヒーロー

現在:死亡

初登場:2014年「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」

イカ
イカ

超高速で移動できる見ていて楽しいヒーローだったよね。

ハカセ
ハカセ

ドラマ「ワンダヴィジョン」でサプライズ再登場を果たしのは記憶に新しいのう。

\Amazon初夏セール開催中/

ピエトロ・マキシモフ/クイック・シルバーが登場する映画・ドラマ作品一覧

ピエトロ・マキシモフ/クイック・シルバーが登場する映画・ドラマ作品一覧

クイック・シルバー(ピエトロ)が登場する映像作品は、今のところ3つ!(MCU以外を含めると6つ!)

作品は【Disney+】にて見放題、【Amazon・楽天】ではレンタル・ソフトの購入で視聴することができます。

⒈映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」2014年

エンドロール後の次回作につながる短い映像で初登場。

ソコヴィアにあるヒドラの基地内で高速移動を繰り返し、壁に激突する姿が映し出された。

⒉映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」2016年

バロン・ストラッカーが行っていた、マインド・ストーンと人間の接触実験によって誕生した、高速で移動できる強化人間として登場。

同じ実験によって超能力者に覚醒したワンダとは姉弟関係。

ソコヴィア出身の姉弟は子どもの頃に紛争で両親を失っており、その際自宅に着弾したスターク・インダストリーズ社製の砲弾によって命の危機にさらされたことから、アベンジャーズに恨みを持つことが語られた。

中盤にかけて本作のメインヴィランであるウルトロンに協力していたが、ウルトロンの目的が人類の滅亡であることに気付くと離反。

キャプテン・アメリカ、ワンダと共に暴走した列車から乗客を救い出した後、スティーブから説得を受けてアベンジャーズに協力するようになる。

ウルトロンとの戦いで、逃げ遅れた子どもを庇おうとしたクリント・バートン(ホークアイ)を救出した際、撃たれて死亡している。

その後クリントは恩義から第三子のミドルネームに「ピエトロ」の名を与えた。

⒊ドラマ「ワンダヴィジョン」2021年

回想シーンにて幼い頃のピエトロが登場する。

また、第5話の終盤でまったく別人の見た目をした、ピエトロを名乗る青年が登場する。

これは、魔女アガサ・ハークネスが「ラルフ・ボーナー」という青年に、ワンダの記憶から読み取ったピエトロの記憶や能力を与えワンダの元に差し向けた人物。

言動や能力がピエトロと酷似しているのにも関わらず、人相が全く違うことからワンダの混乱を招く。

演じたのは「エヴァン・ピーターズ」という俳優で、彼は「X-MEN」シリーズでもクイック・シルバーを演じている人物である。

※【Disney+】でのみ配信中。

その他

前述した「エヴァン・ピーターズ」版のクイック・シルバーピーターマキシモフが見られる映画は3作品が存在する。

ちなみに今のところMCUとは無関係である(マルチバースでつながっている可能性はある)。

⒈映画「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年

「X‐MEN」シリーズ初登場。

MCU版と違い、落ち着かない早口で喋り、パンクっぽい見た目の服装をしている。

⒉映画「X-MEN:アポカリプス」2016年

エリック・レーンシャー(マグニートー)の息子である事実が今回の映画で明かされる。

⒊映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」2019年

X-MENシリーズ最終作。序盤に登場し活躍を見せる。

クイック・シルバー(ピエトロ)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ

いかがだったでしょうか。

「X‐MEN」シリーズを配給していた20世紀フォックスは、2019年にウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されたため、同名の役を演じた俳優を「ワンダヴィジョン」で起用するサプライズが実現できたのですね。

本物のクイック・シルバーは既に死亡していますし、エヴァン・ピーターズ版のクイック・シルバーもMCUでは偽物であることが判明しているので、今後再登場するかは微妙なところです。

ただしマルチバースと接続してしまった現状であれば、別次元のピエトロが登場する可能性も無くはありません。

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にはワンダも深く関わることが発表されているので、ピエトロに再登場のチャンスがあるならば本作でしょう。

5月公開のMCU最新作に期待が高まりますね。

↓原作での活躍はこちら↓

\AmazonGWセール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました