MCU映画【ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス】あらすじ&登場人物一覧【マーベル・シネマティック・ユニバース】

【ネタバレ注意】ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスに登場するキャラクターと解説【マーベル映画】ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジが主役の映画第2弾!

敵はまさかのワンダ・マキシモフ!魔術VSカオス・マジックの誰も見たことがない戦いが始まる。

  1. ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス基本情報
  2. 映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のあらすじ
      1. プロローグ
      2. 夢と再会
      3. ガルガントスの襲撃
      4. アメリカ・チャベス
      5. スカーレット・ウィッチ
      6. 魔術師VS魔女
      7. マルチバース
      8. ドリームウォーク
      9. イルミナティ
      10. シニスター・ストレンジ
      11. エピローグ
      12. エンド・クレジットシーン後の映像
      13. エンドクレジットシーン後の映像
  3. 映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の登場人物一覧
    1. ヒーロー
      1. ドクター・ストレンジ
      2. ディフェンダー・ストレンジ/デッド・ストレンジ
      3. スプリーム・ストレンジ
      4. ウォン
      5. アメリカ・チャベス
      6. イルミナティ
      7. ブラックボルト
      8. リード・リチャーズ
      9. キャプテン・カーター
      10. キャプテン・マーベル
      11. チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX
      12. ハミヤ
      13. リントラ
      14. ウィーゼル
      15. サラ
      16. ワンダ・マキシモフ(マルチバース)
      17. クレア
    2. ヴィラン
      1. ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ
      2. シニスター・ストレンジ
      3. バロン・モルド
      4. ガルガントス
      5. ウルトロン・セントリー
    3. その他の登場人物
      1. クリスティーン・パーマー
      2. クリスティーン・パーマー(マルチバース)
      3. ニコデマス・ウェスト
      4. トミー・マキシモフ(マルチバース)
      5. ビリー・マキシモフ(マルチバース)
      6. チャーリー
      7. ダニエル・ドラム
      8. ピザ・パパ
  4. ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスまとめ
  5. マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!
    1. Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク
    2. Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実
    3. Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品
  6. Disney+のオススメポイントまとめ

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス基本情報

監督:サム・ライミ

脚本:ジェイド・バートレット、マイケル・ウォルドロン

出演者:ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、ベネディクト・ウォン、レイチェル・マクアダムス など

公開:2022年5月4日

上映時間:126分

製作費:(判明次第追加)

興行収入:約955,000,000ドル

イカ
イカ

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でマルチバースと接続してしまったことによる影響が、まさかこんな形で現れるなんて!

ハカセ
ハカセ

マルチバースを旅する映像表現はまさに未知の体験だったのじゃ。

\MCU作品が見放題!/

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のあらすじ

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスの簡単なあらすじ

プロローグ

ディフェンダー・ストレンジ(別の世界のドクター・ストレンジ)は、アメリカ・チャベスという名の少女を謎の怪物から守りながら異空間を逃げ回り、逆転の可能性を秘めた「ヴィシャンティの書」を手に入れようとしていた。

怪物に右足を貫かれながらもストレンジは怪物を魔術で封じ込めるが、長くは持たないことが分かるとアメリカ・チャベスから能力を奪い怪物を倒そうとした。

しかし能力を奪い取る寸前で怪物によって胸を貫かれてしまい、ストレンジは致命傷を追わされてしまうのだった。

アメリカ・チャベスは怪物の触手を潜り抜けヴィシャンティの書に手を伸ばすものの、怪物に拘束されると能力を奪い取られそうになる。

それを見た絶命寸前のストレンジは、最後の魔術を使ってアメリカ・チャベスを解放すると、彼女の能力によって生み出された星型の次元の裂け目に吸い込まれていった。

夢と再会

それらの出来事を夢で見ていたスティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジは飛び起きると、不可思議な体験を疑問に思いつつも身支度を済ませてとある場所へと向かった。

この日はかつて恋人関係であったクリスティーン・パーマーの結婚式の日で、ストレンジは友人として参加する予定になっていた。

会場である教会に到着すると、医師時代の元同僚であるニコデマス・ウェストと再会。

ニコデマスはサノスのデシメーションによって消滅したことを明かし、その後の混乱の中で飼い猫2匹と兄を亡くしたと話した。

このような悲劇が起きる以外の選択肢は無かったのかと彼はストレンジを問いただしたが、ストレンジはこれが唯一の策だったと告げた。

それを聞いたニコデマスはストレンジに対し、君は最高の外科医でスーパーヒーローだが、クリスティーンを妻にはできなかったとやりきれない気持ちを皮肉にしてぶつけた。

ガルガントスの襲撃

パーティー会場でクリスティーンとも再会したストレンジは、君を常に想っていたが、世界を救うには犠牲を払う必要があり、それが原因ですれ違うことになったと弁明した。

クリスティーンはそんなストレンジを許しながらも、どうせ二人の関係はうまく行かなかっただろうと話した。

その直後、街がにわかに騒がしくなったためストレンジは原因の元へと駆けつけた。

するとそこにはタコのような触手を持つ一つ目の巨大な怪物ガルガントスが暴れており、どうやら一人の少女を狙って街を破壊しているようだった。

バスの中に身を隠していた少女を救出したストレンジは、その少女に既視感を覚え、どこかで会ったことがあるかと尋ねた。

しかしそうして気を取られているところにガルガントスの触手で殴られたストレンジは気絶してしまい、アメリカ・チャベスが捕らわれてしまう。

そこにストレンジの盟友であるウォンが駆け付けるとアメリカ・チャベスを救出し、ストレンジとタッグを組んでガルガントスを倒すことに成功したのだった。

アメリカ・チャベス

アメリカ・チャベスは自分にはマルチバースを物理的に移動する能力が備わっており、その能力でこの宇宙にやってきたと主張し、そしてその能力を欲する敵に狙われているとも話した。

ストレンジが見た前夜の夢は現実で、別の宇宙で実際に発生した事実であることも伝えられた。

その証拠として、一緒にやってきたディフェンダー・ストレンジの遺体をストレンジとウォンに見せる。

ストレンジはビルの屋上のレンガの中に遺体を埋葬した後、アメリカ・チャベスをカマー・タージで匿うことにした。

スカーレット・ウィッチ

ディフェンダー・ストレンジを殺した怪物とガルガントスには、共通するルーン文字が刻まれていた。

そこでストレンジは、ルーン文字の知識を持つワンダ・マキシモフの元を訪れ、アメリカ・チャベスを守るための協力を依頼する。

しかし会話の中で違和感を感じたストレンジは、アメリカ・チャベスを狙い怪物たちを差し向けている元凶がワンダであることを見破る。

計画を見破られたワンダはダークホールドの書とアメリカ・チャベスの能力を使い、自分が手に入れることのできなかった、息子二人と幸せに暮らす別の世界の自分に成り代わろうとしていることを明かした。

ワンダは夕方までにアメリカ・チャベスを引き渡すよう求め、それができないのであれば武力行使に出ることを告げてストレンジと別れた。

魔術師VS魔女

ストレンジは全ての黒幕がワンダであることを魔術師たちに知らせ、武装させるとカマー・タージを要塞にしてアメリカ・チャベスを守る準備を整え始めた。

夕刻、カマー・タージ上空に姿を現したワンダにストレンジが説得を試みるも失敗に終わり、戦闘状態に突入。

数で勝る魔術師たちを蹴散らして建物に侵入したワンダだったが、ストレンジによってミラーディメンションに捕らわれた。

その間にアメリカ・チャベスを別の場所へ逃がそうとするストレンジとウォンだったが、自力でミラー・ディマンションから脱出したワンダに打ちのめされる。

ワンダがアメリカ・チャベスから能力を奪おうとした時、彼女の背後に星型のポータルが開いた。

ストレンジはアメリカ・チャベスと共にポータルに逃げ込むと、二人は別の宇宙にたどり着いた。

マルチバース

ストレンジとアメリカ・チャベスは、別の宇宙に混乱しながらも元の宇宙に戻るための手掛かりを探し始めた。

そのためにこの宇宙に居るストレンジ会い、協力を求めることにした。

その道中、アメリカ・チャベスが食べたピザボールの支払いが無いことに腹を立てた屋台の店主とひと悶着を演じ、その際ストレンジ博物館なるものが存在することを知る。

大切な記憶を映像で保存できる店の前を通りかかった際には、ストレンジが大切にしている腕時計をクリスティーンからお祝いでもらったエピソードと、故郷で二人の母親をアメリカ・チャベス自身の能力のせいで失ったエピソードが語られた。

ニューヨークのサンクタム・サンクトラムの前に到着すると、そこにはストレンジの銅像が建てられており、そこにはサノス打倒のために命を捧げたスーパーヒーローと刻まれていた。

この宇宙のニューヨークのサンクタム・サンクトラムのマスターを務めているのは、ストレンジではなくバロン・モルドで、警戒するストレンジを他所に彼は快く二人を受け入れた。

ワンダがダークホールドの書を使い、「ドリームウォーク」と呼ばれる秘術で別の宇宙の自分に魂を投影させようとしていることを知らされたストレンジは危機感を強め、ヴィシャンティの書の所在を尋ねようとする。

だがお茶の中に仕込まれていた薬によって二人は昏倒し、囚われの身となってしまうのだった。

ドリームウォーク

ストレンジが昏倒している間、ワンダはドリームウォークを使用してストレンジとアメリカ・チャベスがたどり着いた宇宙のワンダに意識を投影させることに成功していた。

意識を投影している間は本体のワンダは無防備になるため、隠れ潜んでいた魔術師のサラがダークホールドの書を奪取して破壊に成功。

しかし破壊したことによる余波を受けたサラは身体を焼き尽くされて死亡してしまう。

激怒したワンダは生き残った魔術師を人質にしてウォンを尋問し、ダークホールドの力を使用できる別の手段を聞き出そうとする。

屈したウォンはダークホールドが誕生した場所である「ワンダゴア山」の存在とその所在を明かし、その場所へと導いた。

その後用済みとなったウォンは山頂から突き落とされ姿を消した。

イルミナティ

目を覚ましたストレンジは魔術を使えない状態で閉じ込められていた。

近くにいた科学者に声をかけると、その人物はこの宇宙のクリスティーンで、マルチバースの研究者として働いることを明かした。

そこに研究施設の警備兵として稼働するウルトロン・セントリーを引き連れたモルドが現れると、ストレンジを「イルミナティ」と呼ばれる組織の幹部たちのもとへと案内する。

連れてこられた先には、バロン・モルド、キャプテン・カーター、ブラックボルト、キャプテン・マーベル(マリア・ランボー)、リード・リチャーズ、そしてチャールズ・エグゼビアが待ち構えていた。

ストレンジは彼らから「インカージョン」と呼ばれる、二つの世界の境界線が曖昧になり、最終的には世界が崩壊する現象についての説明を受ける。

イルミナティはドリームウォークを使用して攻め込んでくるスカーレット・ウィッチよりも、インカージョンを引き起こす可能性があるストレンジの方を危険視しているのだった。

その頃、ワンダはワンダゴア山頂の儀式場にたどり着き、再びドリームウォークを試みると意識の投影に成功、すぐにアメリカ・チャベスを狙ってイルミナティの研究施設に攻め込んでくる。

ウルトロン・セントリーを次々に破壊してアメリカ・チャベスにたどり着いたワンダの前に、キャプテン・カーター、ブラックボルト、キャプテン・マーベル、リード・リチャーズが立ちはだかる。

ワンダはまずブラックボルトの口を封じたうえで頭部を破壊して瞬殺し、次に攻撃を仕掛けてきたリード・リチャーズをバラバラに分解して倒した。

キャプテン・カーターとキャプテン・マーベルの連携にはやや苦戦したものの、カーターの投げたシールドを投げ返し上半身と下半身を分断し倒すと、キャプテン・マーベルとのエネルギー波のぶつけ合いを制し、最後は巨大な石像を倒し下敷きにすることで勝利を収めた。

逃げるのに手間取るアメリカ・チャベスにワンダが迫り、絶体絶命となるが、そこにチャールズ・エグゼビアが現れてワンダの精神に入り込んだ。

その中で、チャールズ・エグゼビアは本来のワンダの意識を助けようと試みたが、スカーレット・ウィッチに邪魔され殺害されてしまうのだった。

だがその間にアメリカ・チャベスはクリスティーンと共に逃げることに成功し、ストレンジと合流してヴィシャンティの書が保管されている場所へと向かう。

シニスター・ストレンジ

迫りくるワンダを足止めしつつヴィシャンティの書に辿り付いたストレンジたちだったが、本を手にしたところで追いつかれるとヴィシャンティの書を破壊されてしまうのだった。

ワンダに捕らわれたアメリカ・チャベスは身の危険を感じ、別の宇宙へとつながる星型のポータルを開く。

ワンダはそこにストレンジとクリスティーンを放り込んでどこかの宇宙へと飛ばした後、自分が元いた宇宙のポータルを開かせてアメリカ・チャベスをそこに投げ込んだ。

別の宇宙へと飛ばされたストレンジは、この世界に居るはずのストレンジに協力を求めるため、リンカージョンによって崩壊しつつある世界を彷徨いサンクタムを見つけ出した。

サンクタムにはダークホールドを所持する邪悪なシニスター・ストレンジがおり、彼はドリームウォークを使ってクリスティーンとストレンジが幸せに暮らす宇宙を探したが見つからず絶望し、別の宇宙のストレンジたちを殺して回っている存在だった。

ドクター・ストレンジとシニスター・ストレンジは激しい戦闘を繰り広げ、最終的にドクター・ストレンジが勝利しダークホールドの書を手に入れることに成功。

シニスター・ストレンジはサンクタム最上階から落下し、死亡した。

ダークホールドの書を使いドリームウォークを発動させたストレンジは、自分の世界に死体の状態でやってきたディフェンダー・ストレンジに意識を投影させることに成功。

デッド・ストレンジとしてよみがえった彼はワンダゴア山の付近まで魔術を使用して移動したが、身体に異変を感じると黒い悪霊が現れドリームウォークを止めるよう迫り次々に襲い掛かって来た。

危機的状況に陥ったが、クリスティーンのアドバイスで悪霊の力を逆にこちらが利用することで力をつけたデッド・ストレンジは宙を舞い、山頂を目指して飛び立つ。

その気配を察知したワンダの4体の僕が応戦するも、生きていたウォンの協力もあり倒すことに成功。

その後ワンダを一時的に捕らえ、ウォンが押さえつけている間にストレンジがアメリカ・チャベスを解放した。

ワンダを完全に抑え込むには、アメリカ・チャベスの能力を奪い、その力をストレンジが制御して使用する必要があった。

しかしストレンジはその選択をせず、アメリカ・チャベスを勇気づけて共に戦う仲間として認めたのだった。

拘束を破りストレンジを無力化したワンダに、能力を制御できるようになったアメリカ・チャベスが立ち向かう。

しかしワンダは強く、一人で彼女を倒すのは不可能だった。

そのためアメリカ・チャベスはポータルを開き、自分がワンダに襲われている姿を、別の宇宙のワンダの息子たちに見せつけた。

自分を見て怯える息子たちを見て心を引き裂かれたワンダは自分のしてきた行いを見つめ直し、改心したようだった。

アメリカ・チャベスはストレンジを元の宇宙に連れ戻すことを約束し、ウォンと共にワンダゴア山から離れた。

それを見届けると、ワンダはダークホールドを生み出した元凶であるワンダゴア山頂の儀式場を破壊し、自身もその瓦礫の中に巻き込まれ姿を消した。

エピローグ

ドリームウォークを解除したストレンジは、ダークホールドが自然消滅するのを目撃し、ワンダが全ての宇宙のダークホールドを破壊したことを知った。

アメリカ・チャベスが迎えに来るまでの間に、ストレンジはクリスティーンに向けてあらゆる宇宙で愛していることを伝えた。

元の宇宙に戻ったストレンジは、その後再建中のカマー・タージで生活するようになったアメリカ・チャベスを見届け、サンクタムへと帰っていった。

壊れたままだったクリスティーンからもらった腕時計を修理し気持ちを新たにすると、ストレンジは清々しい気持ちで街に出た。

だがその直後、頭に痛みを感じたストレンジはその場でうずくまってしまい、顔を上げるとダークホールドを使用したことによる影響で、額に三つ目の眼が現れていた。

エンド・クレジットシーン後の映像

ストレンジが街を歩いていると、不意に後ろから声を掛けられる。

振り向くと、そこには見慣れない紫色の衣服を身にまとった、ブロンドの女性(クレア)が立っていた。

彼女はストレンジがインカージョンを引き起こしたことを非難し、その修復に手を貸すよう求めてきた。

クレアは空間を切り裂くと異次元へつながる穴を作り出し、二人は未知の世界へと飛び込んでいく。

エンドクレジットシーン後の映像

ストレンジによって自分を殴り続けるよう命令された、ピザボール屋台の店主がようやく正気を取り戻し喜ぶ様子が映し出された。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の登場人物一覧

内部リンクより原作での活躍エピソードや能力なども紹介していますので合わせてお楽しみください

ヒーロー

ドクター・ストレンジ

交通事故で外科医としてのキャリアを終えた後、魔術師となった本作の主人公。

本作は映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」から5ヶ月後を描いた物語で、自分がスパイダーマンに関係することでマルチバースの扉を開いてしまったことは覚えている様子だった。

アメリカ・チャベスとの出会いから、マルチバースの命運を掛けた戦いに身を投じることになる。

ディフェンダー・ストレンジ/デッド・ストレンジ

物語の冒頭、ドクター・ストレンジが見た夢の中で、アメリカ・チャベスと行動を共にしていた別の次元のストレンジ。

ドクター・ストレンジとは髪形、服装が異なっている。

アメリカ・チャベスと共に「宇宙同士の接合点(ギャップ・ジャンクション)」を怪物から逃げ回りながら、どんな敵でも滅ぼす力を与えるとされる「ヴィシャンティの書」を手に入れようとしていたが、追いつかれ窮地に陥る。

窮地を打開するため、アメリカ・チャベスから能力を取り上げようとしたところを怪物による攻撃を受けると、それが原因で死亡。

遺体はチャベスと共にドクター・ストレンジの世界にやってきたため、ストレンジによってビルの屋上に埋葬された。

物語の終盤になると、ドクター・ストレンジがダークホールドを使用してディフェンダー・ストレンジの亡骸をドリームウォークで操る形で利用し、最終的にワンダと共に崩落した儀式場の下敷きとなった。

スプリーム・ストレンジ

別の次元のストレンジで、ドクター・ストレンジとは違いショートヘアーで青色のマントを身に着けている。

サノスとの戦いで戦死し、地球を救った英雄としてサンクタム・サンクトラムの前には像が建てられているが、実際はサノスを倒すための手がかりを得るためにダークホールドを使用したことで、マルチバースの1つを消滅させる「インカ―ジョン」を引き起こしてしまっていた。

その後イルミナティと共にヴィシャンティの書を手に入れサノスを倒すが、戦闘後にインカージョンを引き起こした責任を追及され、ブラックボルトによって消滅させられた。

ウォン

カマー・タージを守護する魔術師であり、デシメーションによってストレンジが消滅していた期間に、ちゃっかりソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)となっていた、ストレンジの盟友。

ストレンジのアメリカ・チャベスを守るという考えに賛同し、ワンダを迎え撃つために世界各地の魔術師を集める。

アメリカ・チャベス

空間に星形の穴を開けて、次元間・マルチバース間を物理的に移動する能力を持つ少女だが、能力の制御が出来ておらず危機的状況にならなければ能力が発動できない。

その能力を手に入れようと企むワンダに執拗に狙われており、ディフェンダー・ストレンジを倒した怪物やガルガントスなどの怪物に襲われ逃亡を余儀なくされている。

故郷にて能力を暴走させてしまい、二人の母親をどこか別の世界に飛ばしてしまったトラウマを抱えており、その後様々な世界を旅しているうちにワンダに存在を知られ、狙われるようになった。

イルミナティ

アース‐838(スプリーム・ストレンジのいた世界)に存在する、平和を守るヒーローチームとそれに関係する組織の総称。

ブラックボルト、リード・リチャーズ、キャプテン・カーター、キャプテン・マーベル(モニカ・ランボー)、モルド、チャールズ・エグゼビアが在籍している。

ブラックボルト

テリジェン・ミストを守るインヒューマンズの王で、高い破壊力と衝撃波を持った「声」を武器に戦う。

そのため普段は声を発さず、手話でコミュニケーションを取る。

インカ―ジョンを引き起こしたスプリーム・ストレンジは、彼によって葬られた。

ワンダがイルミナティの本部を襲撃した際に他のメンバーと共に立ち塞がったが、リードが能力を明かしてしまったためワンダに口そのものを消失させられてしまい、能力を封じられてしまう。

慌てふためいたところを口内で発生させられた衝撃波を受け、頭部を破壊され死亡。

リード・リチャーズ

ファンタスティック・フォーのリーダー。

体をゴムのように伸縮自在に変化させる能力と、地球屈指の高い知能を持つ。

襲撃してきたワンダに攻撃しようと腕を伸ばすも触れる事すら出来ず、バラバラにされて死亡。

キャプテン・カーター

別の次元のペギー・カーターで、この世界ではキャプテン・カーターとしてヒーロー活動を行っている。

襲撃してきたワンダとの戦いで善戦するも、最終的にユニオン・ジャック柄のシールドを投げ返され、胴体を真っ二つにされて死亡した。

キャプテン・マーベル

この次元ではキャロル・ダンヴァースではなく、彼女の親友マリア・ランボーがキャプテン・マーベルになっている。

襲撃したワンダと対決し、キャプテン・カーターとのコンビネーションで善戦するも、倒れこんだところに彼女が落下させた巨大な石像に押しつぶされ死亡。

チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX

アベンジャーズに並ぶヒーローチーム「X-MEN」の創設者にしてリーダー。

歩くことができず車椅子での生活を送っているが、世界でもトップクラスのテレパシー能力の持ち主。

他のイルミナティメンバーとは違い、ドクター・ストレンジの行動に理解を示していた。

基地に侵入してきたワンダに対してテレパシー能力を使用し心の中に入り込むも、抵抗されて最終的に殺害された。

ハミヤ

前作にも登場した、カマー・タージの左前腕が欠損している老魔術師。

ワンダがカマー・タージを襲撃してきた際は、チャベスの護衛についていたが、ワンダによって闇の中に引きずり込まれて死亡した。

リントラ

緑色の牛のような見た目をした魔術師。

出番は少ないが正式な魔術師で人の言葉も話せる。

ワンダのカマー・タージ襲撃から生き延び、物語のラストではアメリカ・チャベスと並んで魔術の訓練を行う。

ウィーゼル

ワンダのカマー・タージ襲撃を迎え撃つため呼び寄せられた魔術師の一人だったが、ワンダにそそのかされて防御の魔術が打ち破られるきっかけになってしまった。

その後もウォンから情報を聞き出すための人質になったりと、散々な目に合うが死亡せず生き延びた。

サラ

ワンダのカマー・タージ襲撃を迎え撃つため呼び寄せられた魔術師の一人で、指揮を執っていた人物。

ドリームウォーク中のワンダの隙を突いてダークホールドを奪い破壊するが、破壊の余波で発生した呪いの炎に焼き尽くされて死亡した。

ワンダ・マキシモフ(マルチバース)

スプリーム・ストレンジが活動していた世界のワンダ・マキシモフ。

本作のヴィランになり果ててしまったワンダとは違い、ビリーとトミーと共にウエストビューで平穏に暮らしている。

その様子を夢で垣間見たワンダは、彼女に成り代わろうと画策する。

クレア

物語のラストに登場した、紫色の衣服を身に着けた白髪の女性。

空間を切り裂いて別の次元へつながる窓を開き、ストレンジと共に新たな冒険へと旅立つ。

Amazon初売りセール開催中

ヴィラン

ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ

カオス・マジックやテレキネシス・テレパシーなどを使用できるアベンジャーズのメンバーにして、本作のメインヴィラン。

ドラマ「ワンダヴィジョン」で描かれた、ウエストビューでの一件のその後、何処かの雪山の山小屋に一人で隠遁生活を送っていた。

ディフェンダー・ストレンジを襲った怪物やガルガントスにルーン文字の痕跡が見られたため、ストレンジが協力を仰ごうとワンダの元を訪れた。

しかし、マルチバース世界のワンダが息子たちと平穏に暮らす姿を見た結果堕落してしまっており、次元間を物理的に移動できる能力を持つアメリカ・チャベスを狙い、別の次元のワンダに成り代わろうと画策していることが判明する。

単身でカマー・タージの魔術師たちをほぼ全滅に追い込み、イルミナティのヒーローたち5人を相手に勝利するなどとてつもない強さを見せた。

最終的には改心し、同じ悲劇が繰り返されぬよう全ての次元からダークホールドを消し去った後、ワンダゴア山の儀式場の崩落に巻き込まれた。

シニスター・ストレンジ

別の次元のストレンジで、ドクター・ストレンジとの違いは乱れたロングヘアーと長い髭。

ダーク・ホールドを使用した影響で3つの目を持ち、クリスティーンと一緒になるためダークホールドの力を使用した結果、自身の世界を荒廃させてしまった。

さらに他のマルチバースのストレンジ達をドリームウォークを使って始末してきたとも話す。

ドクター・ストレンジとダークホールドを巡って争奪戦を繰り広げるが敗北し、サンクタムから転落すると鉄柵に突き刺さり死亡した。

バロン・モルド

別の世界のバロン・モルド。

こちらの世界にやってきたドクター・ストレンジとアメリカ・チャベスを快く迎え入れたが、実は「イルミナティ」と呼ばれる平和維持組織のメンバーで、彼らを危険分子として捕らえる。

その後ドクター・ストレンジと肉弾戦になるが取り逃がした。

ガルガントス

物語の序盤、アメリカ・チャベスを捕らえるため街で暴れ回っていた一つ目のモンスター。

巨体と触手を振り回してストレンジやウォンと激しい戦いを繰り広げたが、最終的にストレンジによって目玉をくり抜かれ撃破された。

後にワンダによって操られ送り込まれていたことが判明する。

ウルトロン・セントリー

銀色の人型警備ロボット。

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」に登場した、ヒドラがチタウリの技術を流用して作り、その後ウルトロンが改良を加えて軍勢として作ったロボット。

本作ではイルミナティの警護ロボットとして登場し、イルミナティ本部を襲撃してきたワンダに応戦するが、全て破壊された。

Amazon初売りセール開催中

MARVEL レジェンド・シリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー アイアンハート 6インチ (15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー8個付き
created by Rinker

その他の登場人物

クリスティーン・パーマー

ストレンジと一時期恋人関係だった救急救命医。

新たなパートナーであるチャーリーと結婚し、ストレンジを式に招待する。

クリスティーン・パーマー(マルチバース)

スプリーム・ストレンジが活動していた世界のクリスティーン。

この世界ではストレンジが死亡したことがきっかけで、マルチバースについて研究を行うイルミナティの研究員となっていた。

ワンダがイルミナティの本部を襲撃してきたのを機ストレンジ達と行動を共にし、ドリーム・ウォークを行い無防備になったストレンジの手助けをする。

ニコデマス・ウェスト

クリスティーンの同僚の医師で、ストレンジの元同僚。

ストレンジと同じく、友人としてクリスティーンの結婚式に招待されており、そこでストレンジと再会する。

デシメーションの影響で5年間消滅していたことが判明しており、その間に2匹の飼い猫と兄が死亡したと話す。

ストレンジに対し、君はスーパーパワーを手に入れたが、クリスティンを手にすることはできなかったと話した。

トミー・マキシモフ(マルチバース)

ドラマ「ワンダヴィジョン」において、ワンダが妊娠から僅か2日で出産した双子の一人。

ワンダがカオス・マジックで産み出した存在であり、特殊空間「ヘックス」でしか生きられなかったため、ウェストビューでの一件の後にビリーやヴィジョンと共に消滅した。

しかしスプリーム・ストレンジが活動していた世界では、ワンダと二人の息子が幸せな生活を送っている。

ビリー・マキシモフ(マルチバース)

ワンダが妊娠から僅か2日で出産した双子の一人。

スプリーム・ストレンジが活動していた世界のビリーは、ワンダと幸せな暮らしを送っている。

トミーと同様にアイスクリームが好物。

チャーリー

クリスティーンの結婚相手であり、ドクター・ストレンジのファン。

ダニエル・ドラム

前作「ドクター・ストレンジ」ではニューヨークのサンクタム・サンクトラムの主を務め、カエシリウスに倒された魔術師だったが、本作ではイルミナティの研究員として登場している。

ピザ・パパ

スプリーム・ストレンジの世界にいるピザボールの屋台売り。

映画本編とポストクレジットシーンに登場。

Amazon初売りセール開催中

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスまとめ

ハカセ
ハカセ

マーベルファンには大興奮間違いなしの作品だったのじゃ。

イカ
イカ

ファンタスティック・フォーやX‐メンのメンバーが登場したことで、今後のMCUがさらなる広がりを見せてくれるのではと期待させる内容にもなっていたよね。

ハカセ
ハカセ

クリスティーンとの関係に区切りをつけたストレンジが、新たなパートナーになり得るクレアと今後どんな冒険を繰り広げてくれるのか楽しみなのじゃ。

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)

ー今後配信予定ー


・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました