【ドラマ ロキ】ラヴォーナ・レンスレイヤーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ドラマ ロキ】ラヴォーナ・レンスレイヤーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】 ロキ

カーンに愛されカーンを愛した女性、レンスレイヤー!

彼女は命を投げ出してカーンを救い、そしてカーンを殺した。

レンスレイヤーの誕生・能力・活躍エピソード

レンスレイヤーの基本情報

本名:ラヴォーナ・レクサス・レンスレイヤー

出身:アース‐6311

身長:173cm

体重:64.4kg

所属:クロスタイム・カーン評議会

ライバル:カーン、アライオス、イモータス など

初登場:1965年「Avengers」#23

イカ
イカ

ドラマ「ロキ」に登場した、TVAの一員だよね。

ハカセ
ハカセ

シーズン2ではレンスレイヤーがカーンの変異体に執着する姿が描かれたが、原作ではどのような関係性なのかのう。

ラヴォーナ・レンスレイヤーが登場する映像作品

・ドラマ「ロキ(season1~2)」2021年,2023年
※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

【公式PRサイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

レンスレイヤーの誕生

レンスレイヤーの誕生

ラヴォーナ・レンスレイヤーは、アース‐6311における40世紀の地球で誕生し、カレリウス王の娘として産まれた人物である。

カレリウスが支配するカレリウス王国は、当時の征服者カーンが未だに征服できていない、数少ない文明の一つだった。

ある時カーンは、カレリウス王国を征服するための計画として王の娘ラヴォーナに近づくと、発生した火災から彼女を含む複数の人々を救い出した。

ラヴォーナを救ったことで彼女の好感を得ることができたと確信したカーンは、彼女に愛の告白をして結ばれることで、王家に取り入ろうとした。

ラヴォーナもまんざらではない様子だったが、王族と平民では立場が違うため受け入れることができないと、カーンは告白を断られてしまう。

それでも諦めないカーンは、過去からアベンジャーズを召喚し、彼らを叩きのめすことで自分の強さをラヴォーナにアピールした。

だがこの手もうまくいかなかったため、カーンは回りくどい策略を捨て去り、カレリウス王国への全面的な侵攻を開始した。

この事態にアベンジャーズはカレリウス王国と協力し、カーンの侵攻を食い止めようとした。

しかしカーンの強さは強大で、アベンジャーズは敗北し、王国も征服された。

王国の征服を果たしたカーンは、すぐにラヴォーナとの結婚式を執り行う準備を進めた。

これまでのカーンは、征服した国の統治者とその親族を徹底的に殺害することで自らの力を誇示し、そうすることで反乱の芽を摘むという戦略を取ってきた。

だが今回はラヴォーナの愛を勝ち取るという目的が加わっていたため、カーンは元の統治者たちを殺害しようとしていなかった。

そのことに不満を抱いたのが、カーンの部下であり将軍のバルタグだった。

バルタグはカーンを裏切ると、王国の元統治者たちへの暗殺を実行した。

カーンはバルタグとその部下たちを命令に背いた反乱分子と捉え、ラヴォーナを守るために今度はアベンジャーズとカーンが同盟を結ぶことになった。

バルタグは最終的な戦いでカーンたちに敗れたが、死に際に一撃を放ち、カーンを殺そうとした。

するとカーンとバルタグの間にラヴォーナが身を投げ、カーンの身代わりとなって彼の命を救った。

ラヴォーナは息を引き取りながらカーンの腕の中で愛の告白をし、そして死んだ。

\Amazonタイムセール開催中!/

【PS5】Marvel’s Spider-Man2【早期購入特典】スーツ2着カラーバリエーション各3種の早期アンロック・ウェブ・キャッチャー・3スキルポイント
created by Rinker

レンスレイヤーの能力

レンスレイヤーの能力

未知のボディアーマー

ラヴォーナは通常の人間であるが、40世紀の技術で作られた未知のボディアーマーを数種類所有しており、これによって身体的な機能の増強と特殊な能力を得ている。

ボディアーマーはラヴォーナに超人的なパワー、耐久力、スタミナ、スピード、敏捷性、反射神経を与えた他、外見を自由に変化させて別人になりきれる能力、他者の夢の中に入り込み、実際の行動に影響を与える能力なども備えている。

高い戦闘能力

ラヴォーナは白兵戦に熟練した優れた戦闘員であり、未来の武器であるコンンカッション・ブラスターや、バイロナイフなどを駆使して戦う。

Amazonタイムセール開催中

Threezero 1/12 マーベル DLX アイアンマン ハルクバスター MK44 LED発光 合金 可動アクション フィギュア
created by Rinker

レンスレイヤーの活躍

レンスレイヤーの活躍

レンスレイヤーの復活

ソーとの戦いの後、カーンは2人に分かれそれぞれの意思で行動をするようになっていた。

主要な方のカーンであるプライム・カーンは魔界リンボに行くと、そこでラヴォーナを復活させる方法を探し、見つけることに成功した。

カーンはリンボで手に入れた技術を使い、バルタグに殺される前のラヴォーナを、タイムラインから引き離すことに成功した。

だがラヴォーナはカーンの身代わりとなって死んだため、ラヴォーナを救うということは自分が彼女の代わりに死ぬということだった。

カーンはそれを承知の上で、自分が死亡する分岐した現実を作り出した。

カーンが救ったラヴォーナはリンボに召喚されると、愛するカーンとの再会を喜び、傍に寄り添い続けた。

その一方で、分岐したもう一人のカーンもラヴォーナを救おうと考えており、彼女が息を引き取る直前にタイトラベルを実行し、彼女の身体を回収してこれ以上時間を進めない停滞状態にして保存した。

その後グランドマスターカーンにゲームを挑んだ時、もし勝負に勝つことができれば生か死をコントロールできる力を与えてやると約束した。

カーンは生の力を手に入れてラヴォーナを救うべきか迷ったが、今は宿敵であるアベンジャーズを倒すことが先決であると判断し、死をコントロールする力を欲した。

ゲームはそれぞれが最強だと思うヒーローあるいはヴィランのチームを召喚し、戦わせるというものだった。

ゲームはカーンの召喚したアベンジャーズが勝利したが、ブラックナイトはアベンジャーズの正式なメンバーではないとグランドマスターから文句をつけられ、結局望んだ力を手に入れることはできなかった。

だがその後、グランドマスターカーンが去った後にラヴォーナを蘇生させ、カーンはラヴォーナを生き返らせるための力を望まなかったと事の顛末を告げた。

その話を聞かされたラヴォーナは激怒し、カーンに対して復讐することを誓った。

復讐

復讐を決意したラヴォーナではあるが、強大な強さを持つカーンを殺すことはかなり難しいことのように思えた。

そこでドクター・ドルイドの夢の中に現れ、彼をコントロールして協力者とし、さらに宇宙海賊のネビュラに変装してカーンを倒すための情報を集めた。

ネビュラに変装したラヴォーナがカーン評議会に潜入した時、そこで彼女は時間の中心部分にある、特別な武器の存在を知った。

この武器さえあればカーンを殺せるに違いないと踏んだラヴォーナは、ドクター・ドルイドをコントロールし、彼の能力を使ってドルイドをアベンジャーズのリーダーに仕立て上げた。

そしてネビュラに変装したラヴォーナ自身もアベンジャーズに加入し、ドルイドと彼に操られるアベンジャーズのすべてを掌握した。

ラヴォーナは武器を入手するため、タイムストームにアベンジャーズを同行させた。

しかしクロスタイム・カーン評議会に到着すると、ドルイドはラヴォーナの支配を振り払うことに成功し、全ての洗脳が解けてしまう事態が発生。

変装を見破られたラヴォーナはシーハルクと激しい戦いを繰り広げた後、タイムストームに飲み込まれて姿を消した。

ターミナトリックス

タイムストームの中を彷徨う間、ラヴォーナはファンタスティック・フォーに影響を与え、リード・リチャーズの持つ兵器アルティメット・ヌリファイアを手に入れようとしたが、失敗している。

その後ラヴォーナはタイムストームを脱出し、1961年のアース‐616に辿り付いた。

ラヴォーナはそこで若かりし頃のドルイドと遭遇し、再び支配下に置こうとしたものの戦いに敗れている。

他者を利用する計画が全て失敗に終わったことで、ラヴォーナは新たに「ターミナトリックス」と名乗り、直接カーンと対峙して戦うことにした。

ラヴォーナに戦いを挑まれたカーンは反撃せず、彼女の復讐を受け入れてターミナトリックスに倒されることを選んだ。

ラヴォーナはかつてカーンがしたのと同じように、死に際のカーンを停滞させて保存した。

そしてラヴォーナはカーンに変装し、彼が築いた帝国を引き継ぐことにした。

アライオスとイモータス

カーンに変装したラヴォーナが過去の時間の調査をしていた時、紀元前2000年以前を支配するアライオスというモンスターの存在を発見した。

アライオスカーンですら手出しするのをためらった強大な存在であり、そのモンスターはラヴォーナに対して今後カーンの帝国を脅かすと通告してきた。

自分の力だけではアライオスに太刀打ちできないと考えたラヴォーナは、カーンを復活させてアライオスの侵攻を止めさせるべきなのではないかと考えるようになった。

するとそこに、ラヴォーナの未来の存在であるリベレーションが現れ、彼女はカーンの復活を阻止するためにアベンジャーズ(ウォーマシンUSエージェント、サンダーストライク)を別の時間から召喚し、攻撃を仕掛けてきた。

それを迎え撃つため、ラヴォーナ(ターミナトリックス)もアベンジャーズ(キャプテン・アメリカアイアンマンソー)を別の時間から召喚し、応戦した。

アベンジャーズの2つのチームがぶつかり合う間、ターミナトリックスはリベレーションを説得し、アライオスを倒さなければ現実世界までもが荒廃する危険性があることを伝えた。

リベレーションはターミナトリックスの言葉が嘘ではないことを確信し、西暦9999年に移動してカーンを治療するための高度な医療技術を提供した(その間、イモータスにも会っている)。

ターミナトリックスは急いでカーンの肉体が保管されているクロノポリスにあるクロスタイム・カーン評議会へと向かったが、アライオスの侵攻はすぐそこまで迫っており、アベンジャーズがなんとか食い止めている状況だった。

保存されたカーンの肉体に辿り付いたターミナトリックスは、リベレーションから与えられた装置を使い、カーンを完全復活させることに成功した。

その直後、アライオスはクロスタイム・カーン評議会を破壊し、評議会のメンバーである他のカーンたちを皆殺しにしたため、カーン、ターミナトリクス、リベレーションは一度アベンジャーズを呼び戻した。

カーンはアベンジャーズに共闘を提案し、彼らに敵から身を守るための装備と、攻撃するためのクロノ・キーを与えた。

装備を得たアベンジャーズが再びアライオスに攻撃を仕掛けた時、クロノ・キーはクロスタイム・カーンの死体に反応し、時間的なエネルギーを吸収する存在「テンパス」へと変身した。

テンパスはアライオスを引き寄せると時間障壁を作り出し、その中に自身とアライオスを閉じ込めた。

両者は障壁の中で終わりの無い戦いを繰り広げることが運命づけられ、これによって現実世界への危機は回避された。

アライオスが無力化されるのを見届けたアベンジャーズは、次にカーンに立ち向かおうとしたが、カーンはすぐに彼らを自分の領域から追放した。

そしてカーンとターミナトリックスはいくつか言葉を交わし、和解に至るかと思われた。

しかしターミナトリックスは、自分が将来リベレーションとなる未来を回避するため、カーンの背中を刺して殺した。

その後、彼女は1903年に移動すると、「レベッカ・トルミネット」という名を名乗り、カーンがまだ征服者になる前の「ビクター・タイムリー」と共に過ごした。

それからしばらくして、ラヴォーナはイモータスとその軍勢によるクロノポリスへの攻撃で殺されたと報告された。

\Amazonタイムセール開催中!/

ワンダヴィジョン Blu-ray コレクターズ・エディション スチールブック
created by Rinker

レンスレイヤーの強さ

レンスレイヤーの強さ

パワー:B⁺

耐久力:A⁺

スピード:B(S)※テレポート能力所有

知能:B

エネルギー:A⁺

戦闘スキル:A⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ラヴォーナ・レンスレイヤーの強さは・・・

A⁺ なのじゃ!!!!

西暦4000年の技術は凄まじいパワーを与えてくれるのじゃ。

イカ
イカ

カーンとレンスレイヤーの関係性ってとても複雑だったんだね。

\Amazonタイムセール開催中!/

マーベルズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド]
created by Rinker

【PR】マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!お得な【Hulu】セットプランも登場!

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

さらにHulu】とのお得なセットプランも登場して、視聴できる作品が更に増えました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:【990円(税込)/月額プラン】【9,900円(税込)/年額プラン】【1,490円(税込)/Hulu Disney+ セットプラン(月額)】

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)Hulu Disney+ セットプラン

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年)
・「シークレット・インベージョン」(2023年)

ー今後配信予定ー

・「ロキ」シーズン2
 (2023年秋配信予定)
・「エコー」
 (2023年配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

映画観でMARVEL作品を安く鑑賞したい方はこちらがオススメ!

レンタルDVDでMARVEL作品を観たい方はこちらがオススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました