【キャプテン・アメリカ】ダム・ダム・デュガンの強さ・活躍について解説!【マーベル原作】

【キャプテン・アメリカ】ダム・ダム・デュガンの強さ・活躍について解説!【マーベル原作】ヒーロー

ハウリング・コマンドー出身のSHIELDエージェント!

彼はニック・フューリーの忠実な部下だ!

ダム・ダム・デュガンの誕生・能力・活躍

ダム・ダム・デュガンの誕生・能力・活躍

ダム・ダム・デュガン

本名:ティモシー・アロイシウス・キャドワラダー・❝ダム・ダム❞・デュガン

出身:マサチューセッツ州ボストン

身長:182cm

体重:118kg

ライバル:レッドスカル、AIMなど

初登場:STG.FURY AND IS HOWLING COMMANDOS」♯1

イカ
イカ

ダム・ダム・デュガン?そんなキャラクターいたっけ?

ハカセ
ハカセ

映画でいうと「キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー」に登場しているのじゃ!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ダム・ダム・デュガンの誕生

ダム・ダム・デュガンの誕生

マサチューセッツ州ボストンに生まれたデュガンは、持ち前の怪力を生かしてサーカスの団員として活躍したのち、その功績が認められてサーカスのオーナーとなった。

その後彼は1940年に任務中のニック・フューリーと運命の出会いを果たした。

ニック・フューリーは当時、ナチスに捕らわれていたイギリス諜報部員の救出任務に当たっていたが、逆にナチ陣営に追われ任務の遂行が難しくなっていた。

デュガンはそんな彼に手を差し伸べ、諜報部員の救出と母国に帰る手助けをしたのだった。

このつながりはその後も続き、ニック・フューリーが欧州で特務部隊ハウリング・コマンドーズを立ち上げるとデュガンはその結成メンバーとなった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

ダム・ダム・デュガンの能力

ダム・ダム・デュガンの能力

戦闘術

デュガンは生まれ持っての超人的能力を持たないが、力自慢の人間である。

フューリーの下で専門的な戦闘訓練を積み上げたことによってコマンドーとして高い戦闘技術を持つようになり、様々な武器を使いこなすことができるようになった。

ニック・フューリーの血液

デュガンが任務中に負傷した際、ニック・フューリーは自身の血液を彼に輸血した。

その結果、フューリーの血液に流れる長寿血清の効果がデュガンの肉体にも影響を与え、寿命だけでなくパワーや耐久力が増強されている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ダム・ダム・デュガンの活躍

ダム・ダム・デュガンの活躍

60~70年代の活躍

ハウリング・コマンドーズの結成メンバーとして活躍したデュガンは、大戦終結後もフューリーと共に朝鮮やベトナムといった戦地で活動した。

フューリーがSHEILDを立ち上げた際には、彼の片腕として任務のサポートをした。

60年代になると、デュガンはAIMやスコーピオなどといった悪の組織やヴィランとの戦いに身を投じている。

70年代後半には、アメリカ中を暴れまわる厄介な巨大爬虫類対抗するための特別部隊のリーダーを務めた。

80~90年代の活躍

80年代になるとさすがのデュガンにも身体の衰えが見られ、心臓発作を起こしたことをきっかけに一線から退きSHIELDの副長官として事務職に就くことを余儀なくされた。

しかしフューリーと敵対するデスヘッド・コマンドーズによってデュガンの妻が殺害され、またデュガン自身もイエロークローに捕らわれるなど不幸が続いた。

90年代になるとSHEILD再建に乗り出したフューリーに協力し、フューリーの息子ミケルと力を合わせてパニッシャーを捕らえようとするなど活躍した。

死亡疑惑

シャロン・カーターが新しい長官になった際にもデュガンは精力的に組織に貢献したが、その後長官代理となったマリア・ヒルが発した「キャプテン・アメリカを倒せ」という命令には反発した。

その後デュガンはスクラル人に拉致され、救出されて戻るとSHEILDが解体されておりノーマン・オズボーン(グリーン・ゴブリン)によって邪悪な組織HAMMERに変貌させられていた。

そのためデュガンは元SHEILDエージェントたちが参加する特務部隊「ハウリング・コマンドーズ民間軍事会社」に加わった。

その部隊で再びフューリーと共に秘密結社ヒドラといった組織と戦うなど活躍を見せた。

しかしデュガンの親友であるニック・フューリーの衝撃的な告白によれば、実はデュガンは66年に死亡しており、それ以降はLMDが彼の代わりを務めているのだという。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ダム・ダム・デュガンの強さ

ダム・ダム・デュガンの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ダム・ダム・デュガンの強さは・・・

C⁺ じゃ!

イカ
イカ

実は死んでてロボットが代わりを務めてたなんて衝撃的すぎでしょ・・・

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました