【アイアンマン】ハワード・スタークの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【アイアンマン】ハワード・スタークの強さ・能力について解説!【マーベル原作】 ヒーロー

トニー・スタークの父親、ハワード・スターク!

彼の才能は天才を超えると評された。

ハワード・スタークの誕生・能力・活躍エピソード

ハワード・スタークの基本情報

本名:ハワード・アンソニー・ウォルター・スターク

出身:アメリカ ニューヨーク州リッチフォード

身長:183cm

体重:77.1kg

所属:スターク・インダストリーズ、ブラザーフッド・オブ・ザ・シールド、スターク・セブン、SHIELD、マンハッタン・プロジェクト など

ライバル:二コラ・テスラ など

初登場:1970年「Iron Man」#28

イカ
イカ

トニー・スタークのお父さんだよね。映画だと険悪な関係だったけど、最後には分かり合えてよかったよね。

ハカセ
ハカセ

実のところハワードとトニーの関係は……。

ハワード・スタークが登場する映像作品

・映画「アイアンマン2」2010年

・映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」2011年

・マーベル・ワンショット「エージェント・カーター」2013年

・ドラマ「エージェント・カーター(season1~2)」2015年~2016年

・映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2016年

・映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

・アニメ「ホワット・イフ…? 第1話」2021年

・アニメ「ホワット・イフ…?(season2)第2話」2023年

【公式PRサイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

ハワード・スタークの誕生

ハワード・スタークの誕生

現代ではアイアンマンとして知られるトニー・スタークの父親ハワード・スタークは、ハワード・スターク・シニアの息子として誕生し、ニューヨーク州リッチフォードで生まれ育った。

ハワード・スタークは若い頃から優秀なエンジニアとして活躍するのと同時に、才能あふれる実業家として成功を収めていた。

ハワードは父親と共に様々なプロジェクトに取り組み巨万の富を築き上げると、「スターク・インダストリーズ」を設立した。

\Amazonタイムセール開催中!/

海洋堂 リボルテック アメイジング・ヤマグチ アイアン スパイダー 全高約160mm 塗装済み 可動フィギュア
created by Rinker

ハワード・スタークの能力

ハワード・スタークの能力

天才以上の天才

ハワード・スタークは超人的なパワーを持たない通常の人間である。

しかしハワード・スタークは天才と呼ばれるに相応しい人物であり、特に発明力と機械工学に関しては天才以上の存在と評されるほどである。

彼はその才能を兵器開発の分野で発揮し、様々な巨大企業や組織と取引を行うことで自社の「スターク・インダストリーズ」を世界有数の大企業に育て上げた。

最終的にはアメリカ政府やSHIELDに協力し、世界の秩序を維持する目的で武器の開発や兵器の提供を行っていた。

また、ハワードは様々なタイプの航空機を操縦することができ、腕の良いパイロットとしても知られている。

\Amazonタイムセール開催中!/

【PS5】Marvel’s Spider-Man2【早期購入特典】スーツ2着カラーバリエーション各3種の早期アンロック・ウェブ・キャッチャー・3スキルポイント
created by Rinker

ハワード・スタークの活躍

ハワード・スタークの活躍

第二次世界大戦時

第二次世界大戦中、レッドスカルはハワード・スタークとその妻を誘拐し、「マンハッタン計画」に関する情報を引き出そうとした。

だがその後、ハワードたちが捕らわれている場所を突き止めたキャプテン・アメリカとハウリング・コマンドーズが救出に現れると、彼らは無事に助け出された。

この一件から、ハワード・スタークはキャプテン・アメリカニック・フューリーと関わりを持つようになる。

1951年、ハワード・スタークは、アイザック・ニュートンが率いる知識人の秘密結社「ブラザーフッド・オブ・ザ・シールド」と呼ばれる謎の組織に加入した。

この「ブラザー・フッド・オブ・ザ・シールド」は、何世紀にも渡って人類を脅威から守ってきた組織であった。

ハワードは科学者のナザニエル・リチャーズ博士(後の征服者カーンのひとり)と協力し、最初の任務へ赴くことになった。

その任務とは、最近再び表舞台に現れたマッドサイエンティストのニコラ・テスラを追跡し、彼が開発したマシンと、超人的なパワーを持つレオニード(ニュートンの息子)を回収することであった。

任務の途中、ナザニエル・リチャーズは偶発的に二コラ・テスラを殺害し、その後レオニードの確保に成功した。

2人はレオニードをローマ統治下の都市へと連れて行き、そこで暮らしていけるように手配した。

3年後、殺されたはずの二コラ・テスラがサイボーグの姿となって復活し、レオニードを奪うためローマの統治下にある都市へと侵入した。

ハワード・スタークとナザニエル・リチャーズは二コラ・テスラを止めるために立ちはだかり、激しい戦闘の末に敵のコアを損傷させることに成功した。

コアにダメージを負った二コラ・テスラは負けを悟り、最終的な手段として自爆する手段を取った。

爆発の直前、ナザニエル・リチャーズは自爆を止めようと二コラ・テスラのコアに触れた。

するとコアの量子エネルギーがナザニエル・リチャーズの身体に流れ込み、これによって彼は偶然にも時間を移動する能力を手に入れたのだった。

その能力は意図しない形ですぐに発動し、二コラ・テスラの引き起こした爆発の影響と相まって、ナザニエル・リチャーズ、ハワード・スターク、二コラ・テスラは約60万年後の未来へと飛ばされてしまう。

60万年後の地球は荒廃しており人間が見当たらず、放棄された星のような有様だった。

数日後、ハワードとナザニエルは瀕死となった二コラ・テスラを発見し、話し合いの結果彼を修理して助けることにした。

敵対関係は一度棚上げし、今は協力して元の時代に戻ることが優先だと考えたのだ。

修復された二コラ・テスラの協力で、ナザニエルが再び能力を使って元に時代へのタイムスリップを行った。

過去の時代へと戻るタイムスリップは成功したかに見えたが、飛んだ先の世界は元の世界から約4年が経過した世界だった。

そしてその時代は、世界的に戦争が繰り広げられている時代でもあった。

ブラザーフッド・オブ・ザ・シールドの本部にハワードとナザニエルが帰還すると、組織は現主教であるアイザック・ニュートンと、過去から現れた元主教のレオナルド・ダ・ヴィンチの間で分裂する事態に陥っていた。

ニュートンは2060年に世界が終末を迎えることを計算によって導き出しており、それは必ず実現するものだと確信していた。

その後ニュートンは自分の目で世界の終わりを見届けるため、2060年の未来へとタイムトラベルした。

そのためハワードたちブラザーフッド・オブ・ザ・シールドはその後を追い、3つのタイムライン上でニュートンと遭遇し、世界の終末を回避させるために戦った。

最終的にニュートンの息子であるレオニードが、世界各地で勃発する紛争を解決することで終末の回避に成功したため、その後ハワードたちはもとの時代へと戻された。

地球の防衛者

ウアトゥ・ザ・ウォッチャーが何者かに殺害された時、ハワード・スタークとウッディ・マッコードはウォッチャーから助言を得て、地球を守る役割を果たしていたことが明らかになった。

そして1952年に異星人の宇宙船がシベリアに上陸すると、地球の防衛者であるハワードとウッディは未知の脅威に対して警戒のレベルを引き上げた。

ウッディは異星人を地球の脅威であると決めつけて排除しようと提案したが、ハワードは彼らと交流する道を選んだ。

宇宙船にはエボン・シーカ―とシャリーンと名乗る人物が乗っており、彼らは事故によって地球に不時着したようだった。

そのためハワードは彼らの宇宙船を修理し、再び飛べるようにした。

だがそこに未知の技術を強奪しようと企むヒドラが現れたため、ハワード、ウッディ、行動を共にしていたペギー・カーターは協力して敵と戦った。

宇宙船がヒドラに盗まれるのを阻止した後、ハワードたちはアメリカへと帰国した。

だがその後の1958年、狂暴な異星人であるトリベリアンが地球を侵略した時、ウッディ・マッコードが戦いの末に命を落とした。

地球を守るための人員を増強する必要に迫られたハワードは、当時CIAのエージェントだったニック・フューリーをスカウトした。

ハワード・スターク、ペギー・カーターニック・フューリーは異星人の侵略から人知れず地球を守る存在として、それから数年の間に様々な脅威と戦った。

そしてこのチーム結成こそが、後のSHIELD創設へとつながった。

息子の誕生

ある時モナコにあるカジノのを訪れていたハワードは、そこでマリア・カーボネルという人物と出会った。

しかし彼女は屈強な男たちによって強制的に連れて行かれようとしていたため、ハワードは正義感から彼女を追跡した。

部下のオバディア・ステイン(後のアイアンモンガー)が運転するリムジンでマリアを追跡し、彼女が軟禁されているホテルに辿り付くと、ハワードは監視の目を盗んで彼女の部屋を訪ねた。

ハワードはマリアと話したことでより一層魅了され、彼女がホテルを脱出する手伝いをした。

無事にホテルを脱出することができたハワードとマリアは、その後も良好な関係を築き、最終的に結婚にまで至った。

夫婦生活は順調に見えたものの、マリアが妊娠し出産が近づいたころに問題が起こった。

胎児の健康状態が芳しくなく、このままでは死産になる可能性が高いことを告げられたのだ。

ハワードは我が子を救うために世界中から情報を集め、胎児を健康的な状態で出産させる方法を探し回った。

しかし我が子に合う治療方法がどうしても見つからず、万策尽きたと絶望しかけた時、ハワードはロロと呼ばれる異星人から興味深い情報を入手した。

それはエリア52のカジノで働く異星人「グレイ」の仲間が、ライゲリアン・レコーダー(新しい領域を探索して報告する異星の人型のロボット)の一体を捕らえたというものだった。

ライゲリアン・レコーダーであれば、胎児を救える未知の技術を記録しているかもしれないと考えたハワードは、異星人グレイからレコーダーを強奪することに決めた。

ハワードはダム・ダム・デューガンジミー・ウーサンダーボルト・ロスなどが所属する「スターク・セブン」と呼ばれる精鋭部隊を集め、ライゲリアン・レコーダー#451を異星人から解放させ、そのまま強奪することに成功した。

ハワードはレコーダー#451と話し合い、自分の子どもが健康に産まれてくるための知恵を授けてほしいと願った。

するとレコーダー#451は、もとより人類の技術的成長を加速させ、将来的に銀河における強大な敵とも対峙できる力を授けようと考えていたと話した。

レコーダー#451は、天才ハワード・スタークの子どもを救うとなれば、それによって今後地球の技術は飛躍的に成長するだろうと予測していたのだ。

その後スタークの子どもはレコーダー#451によって遺伝子の組み換えが施され、無事に命を救われた。

だがロボットは安全装置として、子どもをいつでも殺害できるキルスイッチを秘密裏に遺伝子に組み込んでいた。

そのことに気付いたハワードは、我が子を異星のロボットから守るために「バイオカクテル」の開発を進めた。

そして数か月にも及ぶ遺伝子組み換えの作業が終わると、ライゲリアン・レコーダー#451は地球から去っていったのだった。

それを見届けたハワードは、キルスイッチを無効化するため、マリアにバイオカクテルを注射した。

その後赤ん坊は無事に産まれたのだが、数時間もすると容体が急変し、人工呼吸器が無ければ生きていられない状態となってしまった。

これはハワードが注射したバイオカクテルによる影響だと思われた。

ハワードはこのことがライゲリアン・レコーダー#451に知られることを防ぐため、「アルノ」と名付けられた息子はマリア・スターク財団のホスピスに隠し、代わりに健康な養子を取ることにした。

養子の赤ん坊はSHIELDによって選ばれ、「トニー」と名付けられた。

スターク夫妻はトニーを本当の息子のように育て、愛していくことを誓った。

親子関係

トニー・スタークは、自分が養子であること、アルノという名の兄が存在することなどは知らされずに成長した。

トニーは母親のマリアとは良好な関係を築いたが、アルノや異星人のことで頭を悩ませるハワードは次第に飲酒量が増えていき、時折攻撃的な態度を取るようになった。

その結果、トニーは父親と良好な関係を築くことができず、緊張感のある関係性が続いた。

さらにハワードはトニーに対して厳しく接し、息子を7歳から寄宿学校に通わせた。

そしてトニーが10代になりガールフレンドを作ると、息子の恋愛事情にまで干渉するようになった。

それらのハワードの行動は、トニーからすると自分は父親から信用されておらず、愛されていない存在なのだと感じさせた。

だが本来はその逆で、ハワードはトニーのことを大切に思うあまり、私生活にまで介入してきていたのだった。

2人の気持ちはすれ違いを続けたまま、ついにその日が訪れた。

ハワードとマリアが車に乗って出かけた際、ブレーキが故障し車が木に衝突した。

ハワードとマリアはその事故で命を落とし、トニーは孤児となった。

\Amazonタイムセール開催中!/

ワンダヴィジョン Blu-ray コレクターズ・エディション スチールブック
created by Rinker

ハワード・スタークの強さ

ハワード・スタークの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:A

エネルギー:C

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、ハワード・スタークの強さは・・・

B なのじゃ!

原作じゃとハワードとトニーは、血のつながっていない間柄だったのじゃ!

イカ
イカ

ニュートンやダ・ヴィンチの、歴史上の偉人とも交流を持つ人物だったんだね。

\Amazonタイムセール開催中!/

マーベルズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド]
created by Rinker

【PR】マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!お得な【Hulu】セットプランも登場!

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

さらにHulu】とのお得なセットプランも登場して、視聴できる作品が更に増えました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:【990円(税込)/月額プラン】【9,900円(税込)/年額プラン】【1,490円(税込)/Hulu Disney+ セットプラン(月額)】

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)Hulu Disney+ セットプラン

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年)
・「シークレット・インベージョン」(2023年)

ー今後配信予定ー

・「ロキ」シーズン2
 (2023年秋配信予定)
・「エコー」
 (2023年配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

映画観でMARVEL作品を安く鑑賞したい方はこちらがオススメ!

レンタルDVDでMARVEL作品を観たい方はこちらがオススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました