【マーベル映画】ブラック・ウィドウのあらすじ、登場ヒーロー・ヴィラン一覧【ネタバレ注意】

【マーベル映画】ブラック・ウィドウのあらすじ、登場ヒーロー・ヴィラン一覧【まとめ】まとめ

映画ブラック・ウィドウのあらすじ

映画ブラック・ウィドウのあらすじ

ナターシャ・ロマノフは、妹分にあたるエレーナ・ベロワ、スーパーソルジャーで父親役のアレクセイ・ショスタコフ/レッド・ガーディアン、母親役のメリーナ・ヴォストコフ/ブラック・ウィドウと共に、任務のためアメリカ・オハイオ州で仲の良い家族を演じていた。

1995年。任務を知られた彼女たちはS.H.I.E.L.D.の追っ手を振り切り、キューバへと逃げ込んだ。3年間演じてきた偽装家族はこの日バラバラになった。

2016年。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で起きたアベンジャーズ分裂事件に伴い、ナターシャはソコヴィア協定に違反した者として、世界中から追われる身となっていた。

ノルウェーのセーフハウスにしばらく身を隠す予定だったナターシャだが、エレーナから送り付けられた謎の合成ガスを狙うヴィラン、タスクマスターに襲撃される。相手の動きをコピーするタスクマスターに敗走するものの、合成ガスを守り切り、送り主であったエレーナとブダペストで再会する。

ナターシャはかつて自分が在籍していたレッドルームがまだ壊滅しておらず、殺害したはずのドレイコフがレッドルームの支配者として健在であることを妹から知らされる。どこにあるか分からないレッドルームの所在地を求め、ナターシャたちはかつて父親役を演じ、今は投獄されているアレクセイの脱獄を手助けするが、アレクセイも情報は掴んでいなかった。そこでサンクトペテルブルク郊外にいるかつての母親役メリーナのもとを訪れた。期せずして、かつての偽装家族は再び集うこととなった。

映画ブラック・ウィドウに登場するヒーロー一覧

映画ブラック・ウィドウに登場するヒーロー的立ち位置のキャラクターは6名!

リンクから原作の解説に飛ぶこともできますので合わせてご覧ください。

ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ

ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ

レッドルーム出身の元暗殺者で、元S.H.I.E.L.D.のエージェント。アベンジャーズの創立メンバーでもある敏腕スパイ。「エンドゲーム」で死亡する。

エレーナ・ベロワ/ブラック・ウィドウ

エレーナ・ベロワ/ブラック・ウィドウ

レッドルームで訓練を受けた暗殺者。オハイオではナターシャの妹を演じており、アレクセイやメリーナも含め本当の家族のように想っている。

アレクセイ・ショスタコフ/レッド・ガーディアン

アレクセイ・ショスタコフ/レッド・ガーディアン

アメリカのキャプテン・アメリカに対抗し、ロシアが生み出したスーパーソルジャー。オハイオの任務ではナターシャとエレーナの父親役であった。任務終了後はドレイコフによって投獄され、全盛期の姿とは程遠い髭面の肥満体となっている。

メリーナ・ヴォストコフ/ブラック・ウィドウ

メリーナ・ヴォストコフ/ブラック・ウィドウ

レッドルームにて訓練を受けた、ナターシャの上の世代のウィドウ。科学者であり、オハイオの任務ではナターシャとエレーナの母親を演じた。任務を終えた後は農場で豚に対して化学的なマインドコントロールを施す実験を行っている。

リック・メイソン

リック・メイソン

ナターシャに協力する友人であり、調達屋。

クリント・バートン/ホークアイ

クリント・バートン/ホークアイ

回想シーンにて声のみ登場する。

BLACK FRIDAYセール開催中

映画ブラック・ウィドウに登場するヴィラン一覧

ブラック・ウィドウに登場するヴィラン的立ち位置のキャラクターは3名!

リンクから原作の解説に飛ぶこともできますので合わせてご覧ください。

アントニア・ドレイコフ/タスクマスター

アントニア・ドレイコフ/タスクマスター

レッドルームの最優先任務に現れる暗殺者。常にフードとバイザーで素顔を隠している。観察するだけで相手の動きを完全にコピーできる能力を持つ。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ウィンター・ソルジャー、スパイダーマン、ブラックパンサー、ホークアイ、ブラック・ウィドウなどのスーパーヒーローの動きや技術を研究し使用する。戦闘ではコピーした体術の他に、キャプテン・アメリカの盾やホークアイの物に似た弓矢を用いる。

ドレイコフ

ドレイコフ

スパイ養成機関“レッドルーム”の支配者。適正を持つ女性を集め、幼い頃からレッドルームで洗脳・訓練を施し、女性暗殺者“ウィドウ”として操ることで世界を裏から操っている。かつてナターシャによって自身の娘ごと殺害されたと思われていたが、いまだ健在であった。

サディアス・“サンダーボルト”・ロス

サディアス・“サンダーボルト”・ロス

かつてハルクを軍事利用しようとした元アメリカ陸軍将軍であり、アメリカ合衆国国務長官。逃亡者となったナターシャを追跡する。

⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

MARVEL レジェンド・シリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー アイアンハート 6インチ (15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー8個付き
created by Rinker

ブラックウィドウまとめ

「アベンジャーズ/エンドゲーム」で死亡するナターシャが、何故命をなげうってまでストーンをチームにもたらしたのか、その理由と覚悟が分かる映画が「ブラック・ウィドウ」となっている。

今後の伏線としてドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のラストに登場し、ジョン・ウォーカーを仲間に引き入れた人物、ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌがエレーナにホークアイの殺害を依頼するシーンがあり、これはドラマ「ホークアイ」につながることが予想される。

⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました