【ファルコン&ウィンター・ソルジャー】イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ファルコン&ウィンター・ソルジャー】イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】ファルコン&ウィンターソルジャー

黒人キャプテン・アメリカの孫、イライジャ・ブラッドー。

彼はヤングアベンジャーズに招集されヒーローになった。

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の誕生・能力・活躍

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の誕生・能力・活躍

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の基本情報

本名:イライジャ・❝エリ❞・ブラッドリー

出身:非公開

身長:175cm

体重:70kg

ライバル:征服者カーン、スーパースクラル、ミスター・ハイド

初登場:2005年「YOUNG AVENGERS」♯1

イカ
イカ

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に登場した、イザイア・ブラッドレーの孫のモデルとなったキャラクターなんだね。

ハカセ
ハカセ

ドラマのイーライもヒーローとして活躍する未来があるのかもしれんのう。

イーライ・ブラッドレーが登場する映像作品

・ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2021年
※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の誕生

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の誕生

第二次世界大戦中、アメリカは「オペレーション・リーバス」という名のプロジェクトを成功させ、貧弱だった青年をキャプテン・アメリカとして生まれ変わらせた。

しかし直後に血清の開発者が殺害されたことで、スーパーソルジャーを生み出すための技術は永遠に失われた。

それでもアメリカ軍は次世代のスーパーソルジャーを誕生させるための試みを繰り返しており、アフリカ系アメリカ人に対してほとんど人体実験のような研究を行っていた。

イライジャ・ブラッドリーの祖父であるイザヤ・ブラッドリーは、新たに開発された血清を強制的に投薬された300人のうちの一人だった。

投薬された300人は血清を打たれた直後か、その後の訓練、あるいは送られた戦場で死亡した。

そしてただ一人生き残り、黒人版キャプテン・アメリカとなったのがイザヤ・ブラッドリーだったのである。

戦場で活躍した後、イザヤ・ブラッドリーは退役し息子が誕生した。

息子のジョサイアは父親の超人的な能力を受け継いでいたが、しかし孫であるイザイアにその能力は受け継がれていなかった。

ある時、征服者カーンの若き日の姿であるアイアンラッドは、自分が辿る未来を知り愕然とした。

アイアンラッドは、自分が悪の道を進み征服者カーンになってしまう未来を変えるため、アベンジャーズのビジョンからダウンロードした安全装置プログラム(現在のアベンジャーズが崩壊した際の予備メンバーをまとめたもの)をもとに、アベンジャーズの新チームを結成することに決めた。

アイアンラッドに招集されたメンバーは、その時点ではハルクリングとアスガーディアンそしてイライジャ・ブラッドリーだった。

実のところビジョンのプログラムではイライジャの父であるジョサイアを指名していたのだが、彼が参加不可能となったため代わりに息子のイライジャが名乗りをあげメンバー入りとなった。

イライジャは青と白のコスチュームに身を包み、カイト型のシールドを手に持って戦うヒーロー「パトリオット」としてデビューを果たした。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の能力

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の能力

超人的なパワー

パトリオットは当初、身体能力を向上させる違法薬物「MGH(ミュータント成長ホルモン)」を使用することで超人的なパワーを発揮していた。

その後は負傷した際に祖父であるイザヤ・ブラッドリーから輸血を受けたことで、本物の超人的なパワーを得た。

パワー、スピード、感覚(特に聴覚)は人間を凌駕し、防御力に至っては銃で撃たれても耐えられるほどの硬質な皮膚を得ている。

武器

戦士としての才能を持ったイライジャは素手での戦闘と武器の扱いに長けている。

星条旗柄のカイト型のシールド(これはキャプテン・アメリカが最初に使っていたものと同じ物)を使用する他に、手裏剣を投げて敵を攻撃する。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の活躍

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の活躍

ヤングアベンジャーズ

イライジャはヤングアベンジャーズに加入する際、自分は祖父からの輸血によって超人的パワーを受け継いでいるとアイアンラッドに嘘をついていた。

その嘘がばれないよう、イライジャは違法薬物である「MGH(ミュータント成長ホルモン)」を使用して初任務へと赴いた。

ヤングアベンジャーズはまず、アパートの火災から住人を救い出し、その後にセントパトリック大聖堂で行われた結婚式の襲撃事件を解決した。

しかし解決したといっても若い彼らは明らかな経験不足で、結婚式に参加していた一般人の少女(ケイト・ビショップ)の助けが無ければどうなっていたか分からないほどだった。

そのような失態を目の当たりにした元祖アベンジャーズのキャプテン・アメリカアイアンマンは、ヤングベンジャーズを解散させるため、ジェシカ・ジョーンズ(ジュエル)とともにヤングアベンジャーズの基地を訪れた。

説得を受けるヤングアベンジャーズだったが、アイアンラッドが自分の正体を明かし、征服者カーンになる未来を阻止してほしいと懇願したため、若きヒーローたちは仲間を救うため説得には応じなかった。

二代目ホークアイとなるケイト・ビショップ二代目アントマンことスコット・ラングの娘であるキャシー・ラング(ジャイアント・ガール)を新たな仲間に加え、ヤングアベンジャーズは大人たちの心配をよそに成長していった。

その後、征服者カーンがヤングアベンジャーズの前に現れ戦闘となったが、一時的とはいえ追い返すことに成功したことで彼らはさらなる自信をつけた。

しかし、アイアンラッドが征服者カーンにならない未来は、皮肉なことにより悪い世界になっていることが判明している。

ドーピングの影響

ヤングアベンジャーズがミスター・ハイドと戦闘を行った際に事件は起きた。

イライジャがMGHを投与した影響で我を忘れて暴走してしまったのだ。

暴走したイライジャは、あろうことか敵であるハイドにもMGHを注入し、暴走させた。

ヤングアベンジャーズは暴走し手の付けられなくなったミスター・ハイドを何とか倒すことができたが、その後イライジャの不審な行動が問いただされた。

イライジャは自分の超人的なパワーが違法薬物によってもたらされたものであることを認め、チームを去った。

しかしイライジャの中の正義の心は死んでおらず、元チームメイトであるハルクリングがスーパースクラルによって危機的状況に陥った時、イライジャは身を呈して仲間を救った。

そしてクリーとの戦闘で負傷すると、祖父から輸血を受けたことで本物の超人的なパワーを手に入れヤングアベンジャーズに正式に復帰することができたのだった。

M-デイ事件

シビル・ウォーではキャプテン・アメリカ側について戦った後に、スクラルの地球侵略事件ではランナウェイズを支援して戦うなど大きな戦いで活躍を見せた。

M-デイ事件と呼ばれる、スカーレット・ウィッチが発動した魔法によってミュータント能力が消失する事件が起きた際も、イライジャたちニューアベンジャーズは事件解決のために動いていた。

一行はスカーレット・ウィッチの父親であるマグニートーと行動を共にし、ラトベリアに潜伏していた彼女に接触することに成功した。

説得に応じたスカーレット・ウィッチは、ミュータントから能力を消し去った魔法を解除する魔法を発動した。

しかしその際、彼女を完全に信用していないイライジャは、ケイト・ビショップの制止を聞かずスカーレット・ウィッチを攻撃してしまい、魔法の発動を中止させてしまった。

その行動が問題視されると、イライジャは罪の意識に苛まれてチームを止めてしまった(その後ミュータントに能力は戻った)。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の強さ

イライジャ・ブラッドリー(パトリオット)の強さ

パワー:B

耐久力:A

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、パトリオットの強さは・・・

B なのじゃ!

高い防御力で皆の盾となりつつ、隙あらばパワーと戦闘スキルで敵を粉砕するのじゃ!

イカ
イカ

2度もチーム辞めちゃったら、もうどんな顔してみんなと会えばいいか分からないよね。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました