【スパイダーマン】ショッカーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【スパイダーマン】ショッカーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】スパイダーマン

強力な振動を引き起こす兵器を使うヴィラン、ショッカー!

彼の素顔は卓越した発明家である。

ショッカーの誕生・能力・活躍

ショッカーの誕生・能力・活躍

ショッカー基本情報

本名:ハーマン・シュルツ

出身:ニューヨーク州ニューヨーク市

身長:175cm

体重:79kg

ライバル:スパイダーマン

初登場:1967年「AMAZING SPIDER-MAN」

イカ
イカ

映画「スパイダーマン・ホームカミング」に登場した小物ヴィランだよね!

ハカセ
ハカセ

そうなのじゃ。彼にも立派なヴィランとしての名前があったのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

ショッカーの誕生

ショッカーの誕生

ハーマン・シュルツは卓越した発明家でありエンジニアだったが、彼はその才能を人々のために使うのではなく犯罪に活用する道を選んだ。

銀行の金庫破りの最中に現行犯逮捕された彼は、投獄された刑務所内でどんな金庫でも音を立てずに開錠することができる装置を発明した。

この装置は振動を発生させることができ、ハーマンは振動の衝撃をコントロールすることができた。

装置を使って刑務所を脱獄したハーマンは、装置をグレードアップさせて強力な振動を引き起こす高圧縮空気弾を放てる武器に改良。

さらにその振動が自分に影響を与えないよう反動を吸収するスーツも開発して身に着けると、彼はショッカーと名乗るヴィランとして活動するようになった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ショッカーの能力

ショッカーの能力

ハイブロ・ショック・ユニット

ショッカーには超人的な能力やパワーは備わっていない。

しかし独学の末に手に入れた工学技術を生かして開発した「バイブロ・ショック・ユニット」を武器に戦う。

これは強力な振動を発生させて空気を振動させ、高圧縮された空気弾を放ち相手を攻撃するというものである。

威力は凄まじく、分厚い壁を貫くことができる。

また、衝撃を吸収するキルト状のアーマーを身に着けている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ショッカーの活躍

ショッカーの活躍

しょうもない犯罪

ヴィランとして活動を始めたショッカーは、銀行を襲うなどちんけな犯罪を繰り返していたが、ある時ニューヨーク市を停電させる計画を思いつき実行に移した。

彼がどうしてそのような犯罪に手を染めたのかと言えば、停電した町に自分の名前を点灯させて自分の存在を知らしめるためというしょうもないものだった。

しかも、停電をまぬがれたければ100万ドルを払えなどと要求する始末。

現れたスパイダーマンとの戦闘になると、バイブロ・ショックを作動させるスイッチのある親指をウェビングによって固定されてしまった。

その結果、ショッカーは自身で発生させた振動を止めることができず、部屋中をバウンドして敗北したのだった。

雇われヴィランとしての活動

その後は武器をグレードアップするなどしてスパイダーマン対策を続ける一方で、バロン・フォン・ルントやカメレオン、ハンマーヘッドなどに雇われて殺人やエレクトロの勧誘など様々な仕事を引き受けた。

その中にはグウェン・ステイシーのいとこを暗殺するという依頼もあり、スパイダーマンを激怒させた結果、敗北を喫した。

ガーディアンズとの共闘

ショッカーはドクター・オクトパス率いるヴィランチームにも参加したことがある。

彼らはヒーローたちが「インフィニティ・ウォー」と呼ばれるサノスとの戦いで不在なのを見計らって、アベンジャーズ・マンションに侵入した。

アベンジャーズが不在のマンションを守っていたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと戦闘状態になったが、その後現れた邪悪な異星人ドッペルゲンガーから地球を救うため、二つのチームは一時的に手を組むことになった。

異星人の集団を追い払うことに成功した頃には、二つのチームにはヒーローとヴィランの垣根を超えた友情が生まれつつあった。

しかし冷酷なドクター・オクトパスは戦いの後、ショッカーたちにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーたちを処理するよう命じた。

これに反発したショッカーたちは逆にドクター・オクトパスをアベンジャーズ・マンションから追い出したのだった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ショッカーの強さ

ショッカーの強さ

パワー:C⁺

耐久力:A

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:A

戦闘スキル:C

ハカセ
ハカセ

というわけで、ショッカーの強さは・・・

B じゃ!!

コスチュームはダサいが実力のある古参ヴィランの一人なのじゃあ!

イカ
イカ

ショッカーの活躍は映画「スパイダーマン:ホームカミング」で見れるね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました