【ヴェノム】シュリークの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

シュリークの誕生・能力・強さスパイダーマン

家族を求めた悲しきヴィラン、シュリーク!

彼女の理想の夫はカーネイジだった!

シュリークの誕生・能力・強さ

シュリークの誕生・能力・強さ

シュリークの基本情報

本名:フランシス・ルイーズ・バリソン

出身:不明

身長:172cm

体重:52kg

ライバル:スパイダーマン、クローク&ダガ―

初登場:1993年「SPIDER-MAN UNLIMITED」♯1

イカ
イカ

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」に登場する女性ヴィランだよね!

ハカセ
ハカセ

カーネイジとはどのような関係なのじゃろう?

シュリークが登場する映像作品

・映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」2021年
※今後【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シュリークの誕生

シュリークの誕生

後のシュリークとなるフランシスは、幼少期に親から虐待を受けていた過去を持つ女性ヴィランである。

彼女はある時、特殊な悲鳴を上げることで相手を恐怖させたり発狂させたりすることができるようになった。

この能力に目覚めた彼女は、まるでこれまでの憂さを晴らすかのように叫び、周囲の人間を恐怖させ、混乱させた。

そのような状況にクローク&ダガーが駆け付け、激闘の末にフランシスは倒されてクロークによりダークフォース・ディメンションに幽閉された。

しかしフランシスはダークフォース・ディメンションの中で発狂し、やがて自分の狂気に芸術性を見出していった。

そしてダークフォース・ディメンションを脱出すると、彼女はより強力なヴィラン、シュリーク(悲鳴)となって現れた。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シュリークの能力

シュリークの能力

音による精神攻撃

シュリークが何故音を操る能力を獲得したのかは詳しく語られていないが、悲鳴を上げることで相手に恐怖心を与えることができる。

また相手を発狂させ、自殺させることもできる。

音による物理攻撃

シュリークは音波をソニック・ブラストのように放ち、物を破壊したり物理的に攻撃することができる。

他にも音波に乗せることで自身や物を浮かせて飛ばすことができる。

ダークフォース・ディメンションの影響

クロークによってダークフォース・ディメンションに幽閉されたシュリークが発狂したことで、シュリークは他者の苦悩を取り込みエネルギーにすることができるようになった。

他にも機械のエネルギーを吸収しパワーを増強することもできる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シュリークの活躍

シュリークの活躍

カーネイジとの出会い

ダークフォース・ディメンションを脱出し、シュリークと名乗って大暴れをした彼女は最終的に捕らえられ、レイヴェン・インスティチュートという施設に送られた。

そこでシュリークは、同じ施設に収監されていたクリータス・キャサディ(カーネイジ)と運命の出会いを果たした。

クリータスカーネイジに変身し、施設からの脱出を試みた時、シュリークはあろうことかカーネイジに一目惚れし、自分も連れて行ってくれるよう懇願した。

二人は協力して施設の脱出を成功させ、その後も行動を共にするようになった。

マキシマム・カーネイジ事件

精神的に異常をきたした二人はニューヨークを舞台にして、後に「マキシマム・カーネイジ」と呼ばれる大虐殺事件を引き起こそうとしていた。

この悪行にはホブゴブリンやキャリオン、ドッペルゲンガーといったヴィランも同調し、危険なカップルの仲間となった。

するとシュリークは初めてできた仲間を目の前にして歓喜した上に混乱を深め、カーネイジを夫、キャリオンとホブゴブリンを息子、ドッペルゲンガーをペットだと思い込むようになった。

こうして彼女は憧れだった自分の家族を持つことができたのだった。

カーネイジ一行はニューヨーク市民を襲い、恐怖と混乱をもたらした。

そこにスパイダーマンヴェノムブラックキャットクローク&ダガーが駆け付け、ヴィランズの悪行を食い止めようとしたが、カーネイジとシュリークの強さは手に負えないほどだった。

ダガーとブラックキャットは殺されかけ、ヴェノムは捕らえられカーネイジに拷問されるなどヒーローたちは敗北を味わった。

しかしその後スパイダーマンはランド・コーポレーションと共同でバイオフィードバック装置なるものを作り上げた。

これは、シュリークの厄介は叫び声を人を落ち着かせる声に変換するというもので、この装置のおかげでニューヨークは混乱状態を脱しシュリークを捕らえることに成功したのだった。

敗北したシュリークはレイヴェンクロフト・インスティチュートへと送り返され、家族はバラバラになった。

新しい家族

シュリークはまたしても施設を脱走し、夫であるカーネイジに会いに行った。

しかしカーネイジは先の戦いに敗北し、昏睡状態であったため、新たな夫を必要とした。

そこで彼女は次なる夫としてスパイダーマンに狙いを定めたのだが、告白は失敗すると戦闘となり敗北し、施設に送り返された。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シュリークの強さ

シュリークの強さ

パワーB⁺

耐久力:B

スピード:B

知能:C⁺

エネルギー:A

戦闘スキル:C⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、シュリークの強さは・・・

B なのじゃ!

恐るべき音を操る能力!

イカ
イカ

カーネイジに惚れて夫だと思い込むなんてヤバ過ぎでしょ。でもお似合いかもね。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました