【ファンタスティック・フォー】ヒューマン・トーチの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ファンタスティック・フォー】ヒューマン・トーチの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ファンタスティックフォー

全身を燃やして戦うイケメンヒーロー、ヒューマン・トーチ!

ファンタスティック・フォーの最年少メンバー!

ヒューマン・トーチの誕生・能力・活躍

ヒューマン・トーチの誕生・能力・活躍

ヒューマン・トーチの基本情報

本名:ジョナサン・ロヴェル・スペンサー・ストーム

出身:ニューヨーク州ロングアイランド・グレンヴィル

身長:178cm

体重:77kg

ライバル:ドクター・ドゥーム、アナイアラスなど

初登場:「Fantastic Four」♯1

イカ
イカ

やたら燃えてるけど本体は大丈夫なの?

ハカセ
ハカセ

それらの疑問も含めて今回はヒューマン・トーチについて詳しく解説なのじゃ。

\Amazon初夏セール開催中/

ヒューマン・トーチの誕生

ヒューマン・トーチの誕生

後にファンタスティック・フォー(FF)のヒューマン・トーチとなるジョニー・ストームの姉は、同じくFFのインビジブル・ウーマンことスーザン・ストームである。

彼らがまだ幼い頃、母親が交通事故で亡くなると、ショックを受けた父親はアルコールとギャンブルの依存症となってしまった。

さらに父親は借金絡みのトラブルで相手を殺してしまい、子どもを二人残したまま刑務所に入れられた。

スーザンとジョニーは叔母のメリーゲイに引き取られると、その家に下宿していたリード・リチャーズと出会った。

彼との生活は短い期間で終わったが、二人にとってこの出会いは運命だった。

それから時が経ち、大学生となったスーザンリードと再会すると二人は交際関係に発展した。

そのことを喜ばしく思うジョニーも成長しており、メカニックの専門知識を身に着けたイケメンになっていた。

リードは政府から資金の援助を受けて長年の夢だった宇宙船の建造を進めていた。

しかし完成まであと一歩というところで資金の提供がストップしてしまう事態に陥り、考えた末にリードは宇宙への飛行テストを強行することに決めた。

メカニックとして乗組員の一人になったジョニーは、姉のスーザンとパイロットのベン・グリムを入れた4人で宇宙へと飛び立った。

しかし宇宙にたどり着くことはできたが宇宙放射線を防ぐバリアに問題があり、4人は大量の宇宙放射線を浴びてしまい不時着を余儀なくされる。

宇宙に帰還した彼らは奇跡的に無事だったが、すぐに身体に異変が起きていることに気が付いた。

ジョニーの場合、全身から炎が発生して彼を包み込んでしまった。

最初はその現象に戸惑い恐怖したが、この能力を使うことで飛行できることに気付くと、彼はその特異な能力を受け入れた。

4人はそれぞれの能力を善い行いに使うことを決め、ファンタスティック・フォーを結成した。

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

ヒューマン・トーチの能力

ヒューマン・トーチの能力

熱エネルギーのコントロール

ヒューマン・トーチは熱エネルギーを意のままに操ることができる能力を持つ。

能力発動時、彼の全身が燃え上がっているように見えるが、実は自身を傷つけないようコントロールしながら炎のプラズマをまとわせているのである。

最初こそ短時間しか炎をまとったヒューマン・トーチになれなかったが、現在では16時間もの間変身し続けることが可能。

またジョニーが発する炎のプラズマは彼の身体を浮遊させることができ、足先から放出したジェット噴流を出すことで時速225kmを超えるスピードで飛行することができる。

さらに火の玉を敵に投げつけたり、網状にして敵を捕らえたりすることができる。

ヒートチャージャー

熱エネルギーを発するジョニーだが、その能力は逆に熱を奪うこともできる。

熱を吸収することで周囲の温度を0℃まで下げたり、逆に数百℃まで上昇させるなど自由自在である。

ノヴァバースト

ヒューマン・トーチの必殺技「ノヴァバースト」は、彼のもつ攻撃技の中でも最大の威力を誇るが、使用後は12時間もの間能力の使用が不可能となる。

威力は絶大で、核爆発に似た衝撃波と50万℃にも達する熱を発生させ、直径275mにも及ぶ周囲を吹き飛ばすことができる。

\AmazonGWセール開催中/

ヒューマン・トーチの活躍

ヒューマン・トーチの活躍

ヒューマン・トーチVSヒューマン・トーチ

ジョニー・ストームが炎を操る能力を手にした時、変身した姿から自分に「ヒューマン・トーチ(人間松明)」と名付けた。

しかしこのコードネームを既に名乗っている人物がいたことを、ジョニーはまだ知らなかった。

ジョニーが能力を得る以前の1939年、科学者のフィニアス・T・ホートン教授は1体のアンドロイドを完成させた。

ホートン教授が記者たちの前で発明を発表すると、そのアンドロイドは常に全身が燃え続けていたため、マスコミが「ヒューマン・トーチ」と名付け記事にした。

その後ヒューマン・トーチは第二次世界大戦においてナチスに対抗する連合軍に加えられ、あのキャプテン・アメリカネイモアとチーム「インベーダーズ」結成して戦った。

しかしヒューマン・トーチは原子爆弾の影響を受けると自分の身体を焼き尽くしてしまい、ヒーローとしての生涯を終えたと思われていた。

それから時が経ち、ジョニー・ストームが偶然にも二代目となるヒューマン・トーチを名乗ってヒーローとして活躍すると、FFに恨みを持つヴィラン、マッド・シンカーが初代ヒューマン・トーチを探し出して修復すると再起動させた。

マッド・シンカーは記憶を失った初代ヒューマン・トーチに嘘の情報を教え、ジョニー・ストームを襲わせた。

二人のヒューマン・トーチは激しくぶつかり合い、その熱は大地を溶かすほどだった。

ジョニーの援護にミスター・ファンタスティックインビジブル・ウーマンシング、ワイアット・ウィングフット、そしてインヒューマンのロックジョーが到着した。

ロックジョーは一同を黒幕であるシンカーの基地にテレポートさせ、初代ヒューマン・トーチが嘘の情報を与えられていることを暴いた。

しかしこの時カジモドの反撃によって、初代ヒューマン・トーチは再び機能を停止している。

その後ウエストコースト・アベンジャーズに回収された彼は蘇生され、チームに加わって戦った。

ヒューマン・トーチ&スパイダーマン

生意気で自信家のジョニー・ストームと、読書好きでオタク気質なピーター・パーカーは、全く違う性質を持つ人間だったが、十代でヒーローになったという共通点がきっかけで親交を深めた。

二人の最初の出会いはあまり良いものではなく、小遣いを稼ぎたいと考えたスパイダーマンが、メンバーに加えてくれとFFに頼みに来たというものだった。

当然ながらジョニーは彼の加入に反対したが、その後協力関係として接する機会が増えていった。

するとスパイダーマンは、あろうことか姉でありリード・リチャーズの恋人であるスーザンを口説き、デートを申し込んだ。

その申し出が受け入れられると、スパイダーマンは喜びのあまり空中に糸でハートマークを描いたが、ジョニーはそんな彼を見て呆れていた(ちなみにデート後も関係は特に進展しなかった)。

それでも年齢の近い二人は共に戦い続けるうちに親友同士となり、どんなに多忙でも月に1回は待ち合わせ場所の自由の女神像に集まって近状の報告をし合った。

とはいえ、甥っ子のフランクリンが自分よりもスパイダーマンを気に入っていることには少々納得のいかない様子だが。

ある時、FFは宿敵ドクター・ドゥームを倒すため、彼の本拠地であるラトベリアに侵攻しようとしていた。

しかしその行動はヒーローが侵略者になったと批判的に報道され、社会的地位を落とす結果となってしまう。

それを見たスパイダーマンは、ヒューマン・トーチと共闘してハイドロマンと戦ったときに、全ての手柄をヒューマン・トーチに提供した。

そのおかげでFFの信用が回復し、再びヒーローとして認められるきっかけが作られたのだった。

ジョニーが死亡すると(実は生きていたが)、彼はリードに宛てたホログラムメッセージの中で、空いた自分の席にはスパイダーマンが座るべきだと遺言を残していた。

その言葉通り、スパイダーマンはFFに加入し家族と共に悲しみを分かち合った。

死と復活

アナイアラスは並行世界のリード・リチャーズと手を組み、地球を侵略する計画を進めていた。

FFの基地バクスター・ビルディング内にあるネガティブ・ゾーン・ポータルからアナイアラスの軍勢が現れたとき、リードスザーンは不在でシングも人間の姿に戻っていた時期で無力だった。

そのため地球の命運はヒューマン・トーチ一人に託された。

ベン・グリムに基地に残る人々の避難誘導を任せると、ヒューマン・トーチはエイリアンの軍勢にたった一人で立ち向かい、敵をネガティブ・ゾーン内に押し戻すと出口を塞いで自分ごと閉じ込めることに成功した。

孤軍奮闘したヒューマン・トーチは軍勢の多くを蹴散らしたが、最後には力尽きてアナイアラスに殺された。

しかしアナイアラスはジョニーから地球に行くための方法を聞き出すため死体を持ち帰ると、異星のテクノロジーと寄生虫を使って彼を生き返らせた。

開かれた自分の胴体に巨大な寄生虫たちが蠢く様を見て発狂しかけたジョニーだったが、厳しい尋問を受けても口を割らなかったため再び殺害された。

するとアナイアラスはまたジョニーを生き返らせ尋問し、口を割らなければ殺すという地獄を幾度も繰り返した。

その後ジョニーはアナイアラスの闘技場でエイリアンと戦わされていたが、そこで捕虜となっていたライト・ブリゲードのメンバーと出会った。

アナイアラスが門を開く手段を見つけると、ジョニーはライト・ブリゲードに協力を求め、敵の軍勢に攻撃を仕掛けた。

その頃地球では、死亡したジョニーの代わりにFFに加入した親友、スパイダーマンがネガティブ・ゾーン・ポータルの門を開こうとする敵と激しい戦闘を行っていた。

しかしスパイダーマンは敗北し、門が開かれると、そこから現れたのはアナイアラスを鎖でつなぎとめたヒューマン・トーチだった。

ネガティブ・ゾーンでの戦いで、ヒューマン・トーチはアナイアラスのパワーの根源であるコズミック・コントロール・ロッドの奪取に成功しており、アナイアラスを無力化した上に彼の軍勢まで手に入れていたのだった。

この軍勢はその後地球の侵略を開始したクリー艦隊との戦いに役立てられた。

ジョニー・ストームの恋愛

イケメンヒーローであるジョニー・ストームは恋多き人生を歩んできた。

最初の恋人はヒューマン・トーチのファンを公言する一般女性、ドリス・エバンスだった。

ジョニーはドリスに心を許し、自分の正体を彼女に明かしている。

しかしヒューマン・トーチの恋人であるという理由からドリスがビートルに誘拐され人質に取られる事件が発生すると、救出後二人は別れてドリスは別の男性と結婚した。

次にジョニーが付き合ったのは、インヒューマン王族の一員であるクリスタルだった。

しかしこの時はまだ人間とインヒューマンズの間に敵対意識があったことから、二人の交際は問題視された。

それでも愛を深め合った二人は行動を共にし、クリスタルは短期間だがFFにも加入して戦っている。

だがクリスタルは地球の汚染された大気に耐えることができなくなり、二人は別れた。

クリスタルはその後クイックシルバーと付き合っている。

その後は初代ヒューマン・トーチを作ったホートン教授の継娘、フランキー・レイとの交際を経て、アリシア・マスターズという名の女性と出会い、結婚した。

しかしこのアリシアはこの時死亡していたシング(実は生きていたが)の元恋人であり、しかもその正体はFFを調査するために送り込まれたスクラル人のライジャだった。

ある時妊娠を告げたライジャだったから、腹から出てきたのは金色の卵で、中らFFを倒すために送り込まれたシャバリという名のモンスターが現れた。

ヒューマン・トーチと駆けつけたアントマン(スコット・ラング)ネイモアによってシャバリは倒されたが、その後ジョニーはライジャと別れた。

次に彼が付き合ったのはアトランティス人と人間のハーフであるネイモリータで、これまでの恋愛の中ではまともな関係を築けていたが、二人は別れると仲の良い友人関係に戻った。

\Amazon初夏セール開催中/

ヒューマン・トーチの強さ

ヒューマン・トーチの強さ

パワー:C⁺

耐久性:C⁺

スピード:A

知能:C⁺

エネルギー:A

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、ヒューマン・トーチの強さは・・・

B じゃ!!!

スピードとエネルギーはFFの中でもトップクラスなのじゃ!

イカ
イカ

過去の映画ではヒューマン・トーチ役をキャプテン・アメリカを役を演じたクリス・エヴァンスが務めたんだよね!

\AmazonGWセール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました