【マイティ・ソー】ティールの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【マイティ・ソー】ティールの強さ・能力について解説!【マーベル原作】 ヒーロー

オーディンの長男、ティール!

彼はソーの腹違いの兄である。

ティールの誕生・能力・活躍エピソード

ティールの基本情報

本名:ティール・オーディンソン

出身:アスガルド

身長:2m

体重:231.3kg

所属:アスガルド人

ライバル:ソー、ジェーン・フォスター など

初登場:1962年「Journey Into Mystery」#85

イカ
イカ

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」にチラッと登場したキャラクターだよね。

ハカセ
ハカセ

原作だとティールは、ソーの腹違いの兄なのじゃ。

ティールが登場する映像作品

・映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」2013年
※【Disney+ (ディズニープラス)】にて見放題配信中。

【公式PRサイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

ティールの誕生

ティールの能力

ティールはオーディンフリッガの間に誕生した長男であり、アルドリフの次に生まれた二番目の子どもである。

勇敢なアスガルド戦士の成長したティールは、戦争と栄光の神となった。

姉のアルドリフはまだ幼く、ティールが産まれたばかりの頃、ヘブンに住まう天使たちがアスガルドに戦争を仕掛ける事件が発生した。

この戦争でアスガルドはアルドリフを失い、彼女は死亡したと思われた(その後、実は生きていたことが判明するが)。

無事だったティールは順調に育ち、アスガルドの守護者としてふさわしい力を身に着けるまでに成長した。

だがしばらくすると、オーディンはガイアとの間に子を成し、腹違いの弟にあたるソーが誕生した。

成長したソーはティールよりも強く、ソーをアスガルドの新たな守護者とするべきだという声が高まっていった。

そのことにティールは嫉妬と怒りを覚え、ソーや他の神々と距離を置くようになっていった。

そしてアスガルドの守護者の地位がソーに移ったことで、ティールの素行は一層良くないものとなり、父であるオーディンにでさえ反抗的な態度を取るようになった。

だが例え立場を優秀な弟に取られたとしても、ティールのアスガルドを守りたいという意思は本物であり、スルトやセスといった強敵がアスガルドを攻撃した際には、他の神々と共に戦っている。

\Amazonタイムセール開催中!/

【PS5】Marvel’s Spider-Man2【早期購入特典】スーツ2着カラーバリエーション各3種の早期アンロック・ウェブ・キャッチャー・3スキルポイント
created by Rinker

ティールの能力

ティールの能力

アスガルド人

アスガルド人であるティールは、アスガルドの神々が持つ共通の身体的な特徴を備えており、加えてオーディンの息子であることからその肉体の強度は特に優れている。

そのためティールは、平均的なアスガルド人の男性よりも重い重量(約50トン)を持ち上げることができ、さらに人間のトップアスリートでも追いつくことができないほどのスピードで走ることができる。

また、ティールは超人的なスタミナも備えており、ベストのパフォーマンスを24時間継続することができる。

また、これは他のアスガルド人にも言えることだが、ティールの体の組織は人間の数倍の密度で構成されており、その強靭な肉体は外部からの損傷に強く、大口径の銃で撃たれたとしても怪我を負うことはないほどである。

例え怪我を負ったとしてもアスガルド人は人間よりも優れた治癒因子を持っているため、驚異的な速度で回復することができ、また老化の速度も人間に比べてかなり遅い。

ただしこの治癒因子は、失われた身体の一部までは再生することができない。

アスガルド人は「オールスピーク」という能力を持っており、9つの世界のどの言語も理解して話すことができる。

戦士

ティールはアスガルドの中でもかなりの実力を持つ戦士である。

戦闘の状況を瞬時に把握して戦術を立案する能力に長けており、また自ら戦場に赴いて優れた戦闘員としても活躍することができる。

ティールはアスガルドの様々な武器に精通しており、戦況に応じて使い分ける器用さも持ち合わせている。

ソーはティールについて、「彼こそがアスガルドで最高の将軍である」と述べている。

ティールはある時片腕を失ったが、かつて手があった場所に自分の魂を投影して武器を作り出すことができる能力を持つ。

\Amazonタイムセール開催中!/

ロキ シーズン1 コレクターズ・エディション スチールブック [Blu-ray]
created by Rinker

ティールの活躍

ティールの活躍

片腕を失ったティール

ある時、アスガルドの神々はオオカミのフェンリスを危険視し、この猛獣を自由にさせないために足かせを付けることにした。

だがフェンリスの力は協力でどんな鎖も経ち切ってしまうため、アスガルドの神々はドワーフたちに依頼して魔法のリボンである「グレイプニル」を作らせた。

アスガルドの神々はグレイプニルを持ってフェンリスに接触し、遊びの一環としてこのリボンで縛らせてほしいと頼んだ。

当然のことながら、フェンリスはアスガルドの神々が自分を騙そうとしていることに気付いた。

そこでフェンリスは、リボンで縛られてやってもいいが、縛られている間は誰かの腕を自分の口の中に入れるように提案した。

それは、もしも妙なことが起こった場合、その腕を即座に噛み千切ると脅迫しているようなものだった。

アスガルドの戦士たちはうろたえたが、その中でティールだけが名乗りをあげ、フェンリスの口の中に手を入れることを承諾した。

まさか名乗り出る者などいないと考えていたフェンリスは、自分が出した提案を取り下げることができず、ティールの腕を口の中に入れたままグレイプニルで縛られた。

そしてグレイプニルによる拘束が終わり、このリボンがただのリボンではなくやはり罠だったと気づいたフェンリスは、即座にティールの腕を食い千切った。

こうしてティールの腕は犠牲になったものの、凶悪なフェンリスはラグナロクの日まで拘束されることとなった。

弟への嫉妬心

ティールはラグナロクが起こるとヘルの番犬ガルムに殺される運命にあり、実際にラグナロクが起こった時には死亡したものとみられている。

だがその後、ソーが祖父にあたるボーを殺害したことで追放されると、ティールはボルダーによって召喚された。

召喚され復活したティールは、依然としてソーに嫉妬心と恨みを募らせており、暴力的な思考にとらわれていた。

その後アスガルドが包囲され攻撃を受けるとの予言がもたらされると、ティールはアスガルド軍の指揮を任されることになった。

そしていざ本当に戦闘が始まると、ティールは戦いを部下たちに任せて卑劣にも戦線を離脱した。

だが離脱した先で奮戦した後に死亡した戦争の神アレスを発見すると、ティールは自分の行いを恥じて戦線へと戻り戦った。

償い

その後ティールは、アスガルド人の死者をディシルたちから守るというソーの任務に同行することで、これまでの自分の行いを償おうとした。

ティールは戦いの中でディシルにダメージを与える方法を考え出したり、ソーが失った武器を取り戻す時間を稼ぐなどし、大きな活躍を見せた。

しかしティールは未だに自分が卑怯な心を持つ存在であるという認識を捨てきることができず、さらなる償いを求めてアノ・アソックスを倒すため、ボルダーが指揮する作戦に自爆部隊の一員として参加した。

ティールは自爆覚悟の戦いの中で死亡し、その魂はヘラのもとへと送られた。

ヘラスルトと戦ったボルダーへの恩赦としてティールの魂を取り立て、自分の将軍として仕えることを許可した。

その後ティールは、スカージに対抗するロキの作戦に参加し、アスガルドを守護するという本来の役割を果たし続けた。

アスガルドの王位

ヘブンの天使に誘拐され死亡したものと思われていたオーディンの長子アルドリフ(アンジェラ)が現れ、当時のアスガルドの王だったヘラが打倒されるという事件が発生した。

アルドリフは王位をボルダーに継承させたが、ティールはそのことを快く思ってはいなかった。

ソーロキマレキスの計画を阻止するためにニフルヘイムへと向かった時、ティールはボルダーを欺いてヘラを捕虜の身から解放した。

ヘラが復活してしまったことで、ボルダーはヘラとの協議の末に政略的な結婚をすることになった。

式典はシンドル(スルトの娘)とその軍隊によって妨害されたが、ソーと彼の招集したヴァルキュリオールたちの活躍によって退けられた。

ティールの最期

ヴァルハラの最古の住人たちと友人になったティールは、彼らから原始的な光子であるロクヴァの存在を教えられ、それを自分のものにしたいと思うようになった。

ジェーン・フォスターが新たなヴァルキリーになった後、ティールはヴァルハラを脱出してヨトゥンヘイムの不毛の山々を旅し、ロクヴァを探した。

ティールはロクヴァが収められた部屋の前までたどり着くことができたものの、どうしても部屋を守る封印を解くことができなかったため、古代アスガルド王であるオーデの死体を掘り起こした。

ティールはオーデの死体を地球のマントルの奥深くにある洞窟に運び、ユグドラシルの樹液で彼を復活させ、部屋の封印を解かせようとした。

しかし異変を察知したジェーン・フォスターが復活したオーデと対峙し戦闘となったことで、部屋の封印を解くための儀式は失敗に終わり、ロクヴァがオーデの魂を破壊した。

するとオーデの死体からロクヴァの残骸が解き放たれ、それらの残骸に触れた者たちを命の危険にさらした。

この事態にジェーン・フォスターはフィエラハイムの白木で作られた槍「ウンドリャルン」を発現させ、ロクヴァの残骸をまき散らす元凶であるオーデの死体を破壊することに成功した。

だがティールの真の狙いは「ウンドリャルン」の強奪にあり、彼は槍を盗むとヨトゥンヘイムへと戻った。

このウンドリャルンこそがロクヴァの部屋の封印を解く鍵であり、さらには解放されたロクヴァをコントロールできる唯一のアイテムだったのだ。

ロクヴァの解放を阻止しようとするロキの妨害をはねのけ、ティールはついに部屋の封印を解くことに成功した。

大きな力を得たティールはロクヴァを使ってアスガルドを攻撃し、アスガルド人を次々にロクヴァに感染させていった。

そこにジェーン・フォスターが駆け付け、ティールは彼女と激しい戦闘を繰り広げたが、最終的にウンドリャルンの槍を奪い返されてしまう。

槍を取り戻したジェーン・フォスターはロクヴァの感染からアスガルド人を解放し、敗北したティールはヨトゥンヘイムへと逃走した。

ヨトゥンヘイムに到着した直後、激しい戦いで消耗していたティールは意識を失い、無力となったところをロキに発見されて連れていかれた。

\Amazonタイムセール開催中!/

マーベル スパイダーマン スパイダーバース スパイダーグウェン アイコン パーカー
created by Rinker

ティールの強さ

ティールの強さ

パワー:A

耐久力:A⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:B

戦闘スキル:A⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ティールの強さは・・・

B⁺ なのじゃ!!

パワーと耐久、戦闘スキルに特化した強力な軍神なのじゃ!

イカ
イカ

原作だとソーの兄だったとは驚きだね!

\Amazonタイムセール開催中!/

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース ブルーレイ&DVDセット
created by Rinker

【PR】マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!お得な【Hulu】セットプランも登場!

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

さらにHulu】とのお得なセットプランも登場して、視聴できる作品が更に増えました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:【990円(税込)/月額プラン】【9,900円(税込)/年額プラン】【1,490円(税込)/Hulu Disney+ セットプラン(月額)】

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)Hulu Disney+ セットプラン

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年)
・「シークレット・インベージョン」(2023年)

ー今後配信予定ー

・「ロキ」シーズン2
 (2023年秋配信予定)
・「エコー」
 (2023年配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

映画観でMARVEL作品を安く鑑賞したい方はこちらがオススメ!

レンタルDVDでMARVEL作品を観たい方はこちらがオススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました