【マーベル映画】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー一覧と変化【原作解説付き】

【マーベル映画】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー一覧と変化【原作解説付き】まとめ

2014年「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」から始まり、これまで計4作に登場したヒーローチーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のメンバー一覧と入れ替わりの歴史をまとめました。

原作のキャラクター解説も合わせてご覧ください(内部リンク)。

また、作品は【Disney+ (ディズニープラス)】にて見放題、【Amazon・楽天】ではレンタル・ソフトの購入で視聴することができます。

【マーベル映画】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー一覧と変化【原作解説付き】

2014年「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

シリーズ第1作目ではチームの結成が描かれ、5名がメンバーとなる。

ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード(new)

ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー。

銀河を飛び回るトレジャーハンターだったが、インフィニティ・ストーンのひとつが収められたオーブを手にしたことで様々な事件に巻き込まれる。

その先で出会った仲間と共にチームを結成することになる。

ガモーラ(new)

ガモーラ

サノスに両親を殺され、その後養子として育てられた凄腕の暗殺者。

養父であるサノスの命令に背きスター・ロードと行動を共にし、メンバーの一員となる。

ドラックス(new)

ドラックス

キルン刑務所で出会った恐るべき戦士。

戦闘では頼りになるが、頭は弱い。

ロケット(new)

ロケット

アライグマの姿をした傭兵兼賞金稼ぎ。

グルートとは相棒で行動を共にしていたが、捕まってキルン刑務所に投獄されていた。

グルート(new)(死亡)

グルート(死亡)

フローラ・コロッサスと呼ばれる木のヒューマノイド。

「アイムグルート」しか話せないが、相棒のロケットだけが彼の意思の疎通を図れる。

ザンダーでの決戦でガーディアンズの乗る船が墜落した際、グルートが身を呈して皆を守ったことで死亡。

しかし亡骸から拾われた小枝が育ち、次回作でベビー・グルートが登場する。

2017年「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

シリーズ第2作では2名が新たにメンバーに加わり、グルートがベビーグルートになるなど変化が起こる。

ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー。

今作では謎だった実父が天界人(セレスティアルズ)のエゴであったことが判明し、戦闘となる。

ガモーラ

義妹であるネビュラと本心を打ち明け合い、長年のわだかまりを解消する。

ドラックス

完全なお笑い担当となる。

ロケット

仲間との言い争いが絶えないトラブルメーカーではあるが、友情に厚い一面を見せる。

ベビー・グルート(new)

ベビー・グルート(NEW)

前作の戦いで死亡したグルートの小枝から育った新たなグルート。

以前の記憶や人格は残っていない全く新たなグルートである。

マンティス(new)

マンティス(new)

エゴに拾われて育てられた女性エイリアン。

触れた相手の心や感情を読み取る操る「エンパシー」の能力を持つ。

エゴが倒され行き場を失ったことでガーディアンズに加入する。

ヨンドゥ(new)(死亡)

ヨンドゥ(new)(死亡)

ピーター・クイルの育ての親でラヴェジャーズのリーダー。

ヤカの矢と呼ばれる特殊な武器を口笛で操り敵を貫いて攻撃する。

本作では部下にクーデーターを起こされ船を追われてしまう。

これまでこじれていたクイルと親子の仲を深め、共に戦ったが終盤で死亡した。

クラグリン・オブフォンテリ(new)

ヨンドゥの部下だったが、テイザーフェイスらの起こしたクーデターに便乗してしまう。

その後テイザーフェイスに反感を持ち離反すると、ヨンドゥとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに協力することになる。

ヨンドゥ亡きあとヤカの矢を受け継ぎ、ガーディアンズの一員となった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

2018年「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

アベンジャーズシリーズ第3作目でついに他のヒーローと合流を果たしたガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。

キャラクターの消滅やガモーラの死、そして新たなヒーローの合流があった。

ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード(消滅)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー。

アイアンマン、スパイダーマン、ドクター・ストレンジとサノスの故郷であるタイタンで合流し、サノスと戦闘になる。

その後、デシメーションで消滅した。

ガモーラ(死亡)

ピーター・クイルとの関係性が進み、両想いの関係になる。

しかしノーウェアで待ち伏せしていたサノスに捕らわれると、その後ソウル・ストーンを手に入れるための代償として殺害された。

ドラックス(消滅)

サノスと協力関係だったロナンに家族を殺された過去を持つことから、サノスへの復讐を誓っていた。

ついに戦うことが実現したものの、デシメーションで消滅した。

ロケット

宇宙を漂流していたソーと出会ったことでチームから離れ、グルートと共に惑星「ニダベリア」へと旅立つ。

デシメーションでの消滅からは逃れた。

グルート(消滅)

ベビー・グルートから成長しており、反抗期に突入している。

ソーとロケットに同行し、惑星「ニダベリア」へ赴く。

身を呈して世界を救う武器を作ろうとするソーの姿に感銘を受け、新たな武器「ストームブレイカー」の持ち手部分を自分の身体を使って製作した。

その後デシメーションで消滅した。

マンティス(消滅)

すっかりガーディアンズの一員として馴染んだ様子のエイリアン。

自身の能力を活用してサノスと戦った。

その後デシメーションによって消滅。

2019年「アベンジャーズ/エンドゲーム」

本作ではデシメーションで消滅した人物が帰還した他、新たなメンバーが加わり今後の展開に期待を持たせる内容とないっている。

ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード(復活)

デシメーションから復活し、サノスの軍勢と戦う。

その際、別の次元からやってきたガモーラと出会った。

ドラックス(復活)

デシメーションから復活し、最終決戦に参加して戦った。

ロケット

デシメーション後はグルートの他にネビュラと行動を共にしており、アベンジャーズのメンバーとも交流を深めた様子。

最終決戦ではウォーマシンの肩に乗って戦った。

グルート(復活)

デシメーションから復活し、最終決戦に参加して戦った。

マンティス(復活)

デシメーションから復活し、女性ヒーローチームに加わって戦う活躍を見せた。

ネビュラ(new)

ネビュラ(new)

サノスの養子の一人で、ガモーラの義理の妹。

デシメーションによりトニー・スターク/アイアンマンと共にタイタンに取り残されていたが、サノスの船を使い協力して地球への帰還を目指す。

その後はロケットと行動を共にしており、最終決戦後は正式にガーディアンズと行動を共にするようになった。

ソー(new)

ソー(new)

ソーの乗る宇宙船がサノスに襲撃された後、彼を発見・救出したのがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーだった。

その縁で行動を共にする機会が多くなり、最終決戦後にはチームに同行して宇宙へと旅立つ。

クラグリン・オブフォンテリ(?)

「インフィニティ・ウォー」「エンドゲーム」では出番が確認されなかったが、「ソー:ラブ&サンダー」の予告には姿が確認できるためメンバーを抜けたわけではないことが確認できた。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今後もシリーズは続いていく予定なので、新たなメンバーの加入に期待が膨らみますね。

個人的にはソーが彼らとどのような旅をするのか気になります。

本シリーズは三作目や「ホリデースペシャル」といった続編が正式にアナウンスされているので、過去作を鑑賞しながら公開を待ちましょう!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました